行動科学とは

行動科学とは

行動科学とは、文字の通り、人間の社会的な行動を科学的に研究することで、そのなかから、法則性を見出そうとする学問です。そのなかには、心理学や社会学、人類学、経済学、政治学などが含まれています。

行動科学の石田淳とは

石田淳はアメリカの行動分析学会ABAIの会員であり、アメリカの行動分析をもとにしたマネジメント手法を、日本人に適した形でアレンジし、行動科学マネジメントを確立させた人物です。

その実績から社会法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任しています。社団法人行動科学マネジメント研究所の所長でもあります。

行動分析とは行動そのものを研究する学問であり、モチベーションなどの精神的要因は含まれません。この研究はビジネスやあらゆるマネジメントの世界で役に立ち、成功に欠かせないと考えられています。分析はシンプルに行い、分かりやすくまとめて行います。

誰もが理解できるようにまとめることで、そのデータを広く応用することができます。また、行動分析では客観性が重要なので第三者からの観察が不可欠です。
石田淳が確立した、行動科学マネジメントはこのような行動分析を応用しているものです。

行動科学研究所とは

岩田静治が代表取締役を務める行動科学研究所は、滋賀県に所在地を置いています。パーソナル・エンパワメント・プログラム個人セッションや、パーソナル・エンパワメント・プログラム企業研修が主な事業内容です。

行動科学研究所ではPersonal Empowerment Programの頭文字をとり、PEPとよんでいます。PEPの目的は、意識的に生きることにあります。自分の中にあるエネルギーを理解し、そのエネルギーを生きたものにするプラグラムです。内側の課題を意識し、外側の問題を解決する行動へと繋げていきます。

PEPには課題を解くための三つのアルゴリズムがあります。自分自身の内側にあるエネルギーを理解するための視座を行動科学研究所ではPEPアルゴリズムと呼んでいます。ベクトル、影と光の元型、フェーズの三つです。分析などから見出すのではなく、物事の全体像をつかむための手法です。そのため、必要とされるのは直感的な認知力です。

『行動科学の展開』の要約

『行動科学の展開』は、ポール・ハーシィ、デューイ・E・ジョンソン、ケネス・Hブランチャードらにより、行動科学の理論を実務家に向けて解説した書籍です。16章に分けて行動科学の理論と、それを応用する手法について書かれています。

マネジメントやリーダーシップにおいて必要なことを学ぶことができます。

行動科学では数値を確率に基づいて分析するものであり、『行動科学の展開』ではビジネスなどの現場で成功確率を高めることに重点を置いています。また、分かりやすく説明するために実例を取り入れながら、行動科学がどのように展開されているかを説明しています。

『行動科学への招待』の要約

『行動科学への招待』は現代心理学入門のテキストとして書かれた書籍ですが、行動科学的に物事を捉える力と、アプローチを身に付けることを狙いに、身近なものを取り上げて解説しています。

第1部では青年期における心理や自己論、知覚、対人関係や集団行動についてなど、心理学の基本的な説明が書かれていて、心理学に初めて触れる人でも読みやすい内容となっています。

第2部では人の生涯をとらえると題して、きずなの発達、自己の形成の発達、医療における人間関係、健康についてなどを説明しています。第3部は私を支える心のメカニズムと題してあり、学習と学習支援、知覚、記憶、思考などについての説明がされています。

そして終章では心理学・行動科学への招待と題し、共同執筆者10名の研究模様をもとに書かれています。

まとめ|行動科学はマーケティングや組織運営にも役立つ

行動科学は人間の行動を分析したものであり、消費者の行動を分析することは収益を上げるために応用することができます。科学的な分析で得られた法則は、誰が行っても同じ結果を得られることになります。そのため、組織の人間の効率を高めるために役に立てることができると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加