ブライアン・トレーシーとは

ブライアン・トレーシーとは 経歴や名言の紹介

ブライアン・トレーシーとは、アメリカで最も著名なスピーカー(講演家)の一人として知られ、実業家でもあり、ビジネスコンサルタントの権威としてもその名を知られています。高校を中退した後、はじめは肉体労働をしていましたが、その後セールスマンとなってセールスの才能を発揮。独特のノウハウで大企業重役まで昇りつめました。30代で大学に入学し経営管理の修士を取得した後、米国、カナダの有力企業のコンサルタントとして活躍。世界約40カ国の1000社を越える企業のコンサルタントを務め、400万人以上が彼の講演を聞いたと言われています。

講演だけでなく、著書も多数あり、その中には、たくさんの名言があります。3つほどご紹介します。

成功者はたいてい、目標を紙に書いてリストアップする習慣を持っているものです。

あなたの目標を妨げる唯一の障害は、あなた自身が心の中に勝手に作った壁だけなのです。

成功者の家にはたいてい大きな本棚があり、貧しい人の家にはたいてい大きなテレビがある。

ブライアン・トレーシーのトレーニングとは

ブライアン・トレーシーは世界的にも有名なビジネストレーナーです。企業は人の上に成り立っているため、上手に会社を経営していくためには人材育成が必要不可欠で、ブライアン・トレーシーの提供しているトレーニングはより優秀な人材へと育成するためのプログラムとなっています。

世界的に有名な大企業の幹部も育てていった彼のトレーニングは、明確な結果を生み出すために必要となる考え方と行動を教えるもので、ビジネススキルを格段にアップさせる効果を秘めており、多くの人々に支持されています。彼のトレーニングの流れは、目標達成のための心理学から始まり、販売心理学、タイムマネジメントを経て実践に移していくことで、短期間で精神の最大効率化を図ることが可能となります。

ブライアン・トレーシーの達成の心理学講座とは

ブライアン・トレーシーはアメリカ内でも屈指のビジネストレーナーとして有名で、日本国内でも多く講演しています。彼が掲げるビジネスを成功へと導くトレーニングは自己啓発にも通ずる部分があり、講座にて説明される分野は経営学から心理学までに及びます。

スキルを開発していくためには自分自身の心理状態が非常重要で、心底から自分の能力を信じることが開発するための第一歩と説いています。いわば思い込みの力というわけですが、潜在的な意思や意識から改善していくことで思考にも良い影響を与え、目標を達成するための第一条件が整うと述べています。

ブライアン・トレーシーはこの他にも販売の心理学についても解説しており、そちらにもぜひ目を通しておきたいところです。

ブライアン・トレーシーの『ゴール』の要約

高校を中退したブライアン・トレーシー自身の体験と経験をもとに、彼に培われた人材を育成するためのノウハウがぎっしりと詰まった一冊です。仕事と自分の能力に限界を感じている人が自己啓発のために読むも良し、人材育成の一環として読ませるも良し、あらゆる仕事に役立つことに間違い無い自己啓発本といえるでしょう。

ブライアン・トレーシーの販売心理学やセミナーについて

講座やセミナーで取り扱われている販売心理学は、経営学と心理学を組み合わせた斬新な切り口によって企業の販売活動について解説しています。いくら良いサービスや商品を手の内に秘めていても、それを欲しいと感じている人に対して的確に販売していかなければ、利益を最大化していくことは不可能であるという彼の考え方の根幹からスタートし、商品を売り込むために必要となる精神と思考について解説しています。

技術はあるのに企業がなかなか成長できない原因は営業力に問題があり、需要を探し出す能力から販売する能力に至るまでの間、どこかが欠けている可能性があると言えます。営業の仕事に限界を感じている方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ブライアン・トレーシーは米国で最も著名な講演家

ブライアン・トレーシーは経営コンサルタントの仕事の他に、自己啓発本や実用書を出版していることで有名ですが、講演家としても非常に有名で、特にアメリカ国内での知名度は非常に高く、彼の言葉に心を動かされた人がたくさんいます。

名言もとても多く、仕事や人間関係において悩んでいる人に向けた言葉が多くの人を魅了しています。人の心を知りつくし、講演家を仕事に選んだ彼だからこそ綴られる言葉の数々は、一般的な人だけでなく有名企業のトップにも多大な影響を与えており、彼の考え方は世界で息づいていると言えるでしょう。

仕事に悩みを抱えている方はぜひブライアン・トレーシーの言葉に耳を傾けてみてください。そこにはきっと自分を変えるチャンスが広がっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加