コンサルタントとは

コンサルタントとは

コンサルタントとは、顧客の相談に乗って課題解決をする個人もしくは法人のことを指します。コンサルタントの業種は非常に幅広く、協会や団体も数多く存在し、キャリア・コンサルタントなどの国家資格もあります。

コンサルタントの仕事内容や年収は

コンサルタントの仕事内容は、企業や公官庁などの経営や方向性について、分析をしたり、指導をしたりすることです。業界や企業のカラー、時代の流れなどによって、幅広い仕事を担当します。

経営に特化して業務を行うのが「経営コンサルタント」、ITシステムの構築やアドバイスを行う「ITコンサルタント」や、「建設コンサルタント」といった設計や建設を担当するコンサルタントもいます。問題点を見つけ出し、その解決策を講じて、企業や公官庁をより豊かな方向に持っていくのが仕事です。

コンサルタントは一般的なサラリーマンと比較すると、全体的に年収も高くなります。平均すると年収が約500万円から1000万円程度で、外資系のコンサルタントは更に高収入の傾向があります。実力主義であるため、スキルや成果が伴ってくれば、20代で数千万円を稼ぐことが可能です。

コンサルタント業界や契約について

コンサルタントは、基本的に企業や公官庁から依頼を受けて派遣されていきます。ワークスタイルは人によって異なっており、他の職種で雇用された人が、ポジション変えでコンサルタントになることもありますし、転職して別の企業で初めてコンサルタントになる場合もあります。コンサルタント会社に所属して、出向という形で企業のコンサルタントを担当するケースもあります。

新規事業の開始や、新商品の開発など、案件単位で仕事をする場合もあれば、期間限定で働く場合もあります。新規人材の雇用や、社内人事の見直しなどを担当する場合もあるため、ごく短い期間で出向することもありますが、深い知識や判断力、戦略も同時に求められています。

優秀なコンサルタントは、様々な方面から求められています。そのため、他の業界と比較すると、コンサルタント業界は転職やヘッドハンティングなども多いです。

コンサルタント会社の年収や就職について

コンサルタントの志望度が強い人は、コンサルタントの専門会社に入社するケースが多いです。新卒採用から中途採用まで、企業によって採用の方法は異なっていますが、即戦力を求めている企業ほど、キャリアのある中途採用を重視している傾向にあります。

学歴や資格などもチェックされますが、ポテンシャルを重要視する企業もたくさんあります。国内大手のコンサルタント会社から、外資系のコンサルタント会社まで、選択肢は幅広いですが、知名度や質によって人気の企業ほど、倍率も高く、就職は簡単ではありません。

実力主義の業界であるため、年収は活躍するほどぐんぐんアップしていきます。外資系は特に給与が高い傾向にあります。ただし、その分実績を出さなければ評価されることはなく、所属さえしていれば年功序列でポジションや給料が上がっていくというわけではない苦労もあります。

経営コンサルタントであれば、数字に強く、財政や経営に関する興味関心や知識が深い人が向いています。コンサルタントは全体的に論理的な考えが出来なければいけません。その上で、相手の考えていることを敏感に察知し、求めるものを提供できるように思考出来る力が必要です。そのため、高いコミュニケーション能力は適性のひとつです。

コンサルタントは顧客の課題解決をする専門家

コンサルタントは、顧客が現在抱えている問題を解決し、より良い方向へ導いていかなければいけません。問題解決能力が高いと共に、実績を上げるための様々なアイディアを持っており、実行力が高い人でなければいけません。

企業へのアドバイスを行うに値する知識やスキルが絶対的に必要ですから、スペシャリストとしての経験値はとても重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加