コンサルティングとは 

コンサルティングとは

コンサルティングとは、企業経営に関する様々な展開や戦略のアドバイスや提案を行ったり支援を行う仕事を指します。

コンサルティングの本来の意味は「相談に乗る」ですが、コンサルティング会社の業務は、相談に乗るだけで終わらず、依頼があった企業の様々な情報を分析して、社内システムから経営方向、今後の展開や人事戦略など、様々な視点からクライアントの発展のために改正案を出していきます。

コンサルティング業界や会社とは 動向や転職について

近年、戦略系のコンサルティングは特に需要が増しており、即戦力となる人材は各方面にとって非常に重要になっています。新卒採用から中途採用まで、ポテンシャルを重視した採用を行っている企業もたくさんありますが、外資系などは、やはり実力発揮が即可能なキャリア採用に力を入れているところが多くなっています。

ITコンサルティングや経営コンサルティングなどは、これまでの職務経歴やスキル、活動実績によっては、コンサルティング業界以外からの転職者も受け入れられやすい傾向にあります。

業界のカラーとして、転職やヘッドハンティングも多いため、スキルさえ伴っていれば入りやすい業界でもあります。

コンサルティングファームとは 比較や年収について

コンサルティングファームとは、コンサルティングを行う企業そのもののことを指しています。多くのコンサルタントが在籍しており、誰もが一度は耳にしたことがあるような大手の企業も多く、中小規模の企業もあれば、業界ごとに特化したコンサルティングを展開している企業もあります。

大ざっぱにコンサルティングファームを分類すると、大手企業や外資系企業などを顧客として、M&Aなども含めた経営戦略を展開する「戦略系」、研究所的な側面を持っている「シンクタンク系」、システム構築やオンラインビジネスなどに特化した「IT系」や、広告を使ってブランドマーケティングやマスマーケティングなどを展開していく「マーケティング系」などがあります。

コンサルタントは年収が一般的な会社員より高くなりやすく、20代で1000万円を超えていることもあります。平均すると500万円から1000万円が多いですが、外資系は平均が高くなりやすいです。実力主義の業界であるため、スキルや成果が伴えば、収入はより大きくなります。

コンサルティングの資格や難易度ついて

コンサルティングに役立つ資格は、それぞれどのようなコンサルティング企業に入るかによって異なります。たとえば、「住宅建築コーディネーター」は建築コンサルティング、「ITコーディネーター」はITコンサルティングに役立てやすい資格と言えるでしょう。

国家資格であれば、「社会保険労務士」や「中小企業診断士」、「金融士」や「キャリア・コンサルタント」などは、役立てやすいものとして知られています。

公的資格では、「消費生活アドバイザー」や「証券外務員」、「ビジネスマネージャー検定」などがあります。国家資格や公的資格は民間のものと比べて、生半可な気持ちでは取得できないと思ってまちがいないでしょう。

民間資格も豊富です。「リスク管理検定」や「産業カウンセラー」、「法人営業力強化検定」や「証券アナリスト」「融資能力検定」、「経営士」や「ビジネスコンプライアンス検定」「公認内部監査人」などがあります。

しかし、資格を取ればコンサルティングができるようになるわけではありません。企業の問題・課題を的確に見つけ出して、有益な改善策や戦略計画などを提供し、かつ実績を上げることに貢献できるのであれば、必ずしも資格は必要ないのです。

コンサルティングはクライアントの発展のためにある

コンサルティングは、企業や官公庁のようなクライアントが、現在のデメリットを改善し、多くのメリットを獲得していけるように働くものです。つまり、クライアントが発展するための手助けをするという、重要な仕事といえます。

その重要度がゆえに、非常に多忙になるコンサルタントも多いです。高い実力とこれまでの実績から、企業に所属しながら、クライアントからの指名を受け、信頼関係を結んでいることがたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加