ドリームキラーとは

ドリームキラーとは

ドリームキラーとは、あなたの夢や目標達成を邪魔したり阻害する人のことを言います。

ドリームキラーを直訳すれば、「夢を殺す人」。文字で見るだけでも、少しゾッとしてしまいますよね。その感覚はあながち間違いではありません。なぜなら、ドリームキラーは本当に夢を殺す人だから。

たとえば、誰かに自分の夢や目標を話し、それに対して「あなたには無理だよ」「そんなの叶うわけない」などと言われて心が折れてしまった経験はありませんか?その、「あなたには無理だよ」「そんなの叶うわけない」と言った相手こそがまさに「ドリームキラー」なのです。

心理学のドリームキラーの意味

ドリームキラーは案外身近にいることが多いと言われています。それは親だったり友だちだったり、あるいは恋人だったりします。学生であれば先生やクラスメイトなどもそうですし、社会人であれば上司などが該当するでしょう。

ドリームキラーはあなたに”助言”をしているつもりで、夢や目標を否定してきます。しかし、その言動は、無意識のうちに起こる「自分より幸せになることが許せない」という心理が起こさせているかもしれないのです。

苫米地英人のドリームキラーとは

ドリームキラーという言葉の生みの親は、認知科学者の苫米地英人です。苫米地氏によると、ドリームキラーは、”2種類”いるそうです。

ひとつは、自覚のない”無意識ドリームキラー”。このタイプは、あなたのことを本当に心配している、「実はいい人」というケースもあります。親や友人などに、このタイプが多いようです。

逆に、いわゆる「意地悪」で夢を壊そうとする”意識的ドリームキラー”という存在もいます。内面であなたをライバル視しているようなタイプです。

いずれにしても、影響されないことが重要だと苫米地氏はアドバイスしています。

親や先生、友だちがドリームキラー

ドリームキラーは親や先生、友だちなど身近な人がなりやすく、その中でも、ある”特徴”や”口癖”を持った人が特になりやすいと苫米地氏も指摘しています。

ドリームキラーになりやすい人の特徴として、話す内容に愚痴が多い・嫌味を言う・キレやすい・落ち込みやすい……など、少々ネガティブ思考が目立つタイプです。口癖は「無理」「今のままで十分」「それは才能がある人だけ」などといったものが挙げられます。

いかがでしょうか?あなたの周りにドリームキラー予備軍はいませんか?

自分がドリームキラーということもある

実はあなたも誰かのドリームキラーになる可能性があります。ドリームキラーになりやすい人の特徴に自分が当てはまっていると思った方は、要注意かもしれません。

ドリームキラーの存在は、本当に成功する可能性のある人をも潰してしまう危険性があります。また、大切な人を傷つけ、その関係性さえ壊れてしまうこともあります。ですから、くれぐれもあなたはドリームキラーにならないように気を付けてください。

ドリームキラーの対処法や対策方法

ドリームキラーの対処法、最も良い方法は「無視すること」です。しかし、親しい相手であればあるほどそれは難しいことでしょう。そこで、あなたに必要なことはただひとつ、「絶対に諦めない意志」を持つことです。

ドリームキラーに何か言われても、すべてポジティブな方向へ考えるようにしましょう。「心配してくれてありがとう、でも私は絶対に目標に到達する」と、先へ先へと進んで行ってしまえばいいのです。

とはいえ、相手は親身になって助言をしていると思っている場合もあるので、その気持ちだけはしっかりと受け取り、助言してくれたことにはっきりと感謝を表すことは大切です。反抗的な態度を取って人間関係を壊してしまわないように気をつけてください。

まとめ|ドリームキラーの正体は嫉妬や妬みの感情

ドリームキラーが誰であろうと、その心の奥底には、あなたへの”嫉妬”や”妬み”が少なからずあると思ってください。

そういったマイナスな感情というものは、どんな人にでも起こるものであり、それはあなたも例外ではありません。さらに、実際に自分の夢や目標を叶えたいわゆる成功者でさえ、ドリームキラーになる可能性はなくなりません。

誰でもドリームキラーになる可能性があるわけですから、ドリームキラーの存在は「いて当たり前」くらいに思っていたほうがいいのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加