FAXDMとは

FAXDMとは

FAXDMとは、FAXを利用してダイレクトメールを送信するマーケティング方法です。封書によって送るダイレクトメールはがきとは異なり、印刷代などは必要ありませんので、コストカットすることができます。

しかし、相手先のFAX用紙やトナーを相手の同意なく使用してしまいますので、クレームなどが生じてしまう可能性がゼロではありません。

また、社内における名刺、リストといったものを集計してもその数は限られていて、新規の申し込み客に対してFAXDMを送ることはできません。そのため、未開拓の顧客に対してFAXDMを送る場合には、手作業でリストを作成しなければならないので、大変な手間がかかります。

しかし、FAXDMにはデメリットだけでなくメリットも多くありますので、効果的なFAXDMマーケティングをするために、メリットについてしっかりと把握しておきましょう。

FAXDMの効果や反応率

FAXDMのメリットは、開封率が100%であり、キーマンの目に触れやすいということが挙げられます。郵送によるダイレクトメールの場合には、キーマンの目に触れることなく、そのまま捨てられるということも少なくありません。

またダイレクトEメールにおいても、そのまま迷惑メールフォルダに送られることもあります。せっかく作成をしたダイレクトメールもただ捨てられるだけ、ということになってしまうこともしばしば。その点、FAXDMの場合であれば開封された状態で届くので、必ず目に触れることになります。すぐに捨てられることなくしっかりと内容を確認してもらうことができるので、とても魅力的なのです。

また、売り込みメールだと判断されても、そのFAXを受け取った人に捨てる権限がなければ、そのまましばらく放置されることになります。そのため、比較的多くの人の目に入れることができるのです。

FAXDMのテンプレート

FAXDMを使用する場合には、まず原稿の作成をすることになります。しかし、初めてFAXDMを送る場合には、原稿作成に悩んでしまうこともあるでしょう。せっかく送るのであれば、できるだけこだわりのあるものにしたいと思われるかもしれませんが、それはなかなか難しいものです。そこで、いくつかポイントを押さえておくようにしましょう。

まず、一つ目のポイントは、信頼できる会社であるということを伝えることです。信頼できない会社からのダイレクトメールであれば、すぐに捨てられてしまってもしかたがないですよね。自社のサービスが優れている点や信頼性について、ポイントにまとめて的確に伝えることが重要です。

テンプレートを作成しておくことも重要です。画像やキャッチコピーといったものをゼロから作成するとなると、大変な作業になりますので、テンプレートを準備しておくことによって原稿作成において悩むことは少なくなります。

業者によっては無料のテンプレートを配布している業者もありますので、そういった業者を選択することで原稿の作成も簡単になります。

FAXDMのデザインや書き方

FAXDMというのはデザインや書き方によって、その反応というのは異なります。送る相手をリストアップすることももちろん重要ですが、その次に重要になるのが文章力です。

自分のもとに送られてきたものを考えればわかりますが、チラシ風のFAXDMというのは、やはり最初に捨てるのではないでしょうか。チラシを送信するという意識ではなく、手紙を送るような感覚でなければなりません。

チラシやFAXが送られてきた場合と手紙が送られてきた場合とでは、やはり手紙のほうを読みたいと思いますよね。チラシ風でなくレター風FAXDMを送るように心がけましょう。

また、文章内に“無料”“限定”といったキーワードを盛り込むことによって、そのFAXDMに対しての壁が取り払われて、しっかりと内容を確認してもらえる確率が上がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加