情報起業とは

情報起業とは

情報起業とは、情報商材を主にインターネット上で販売することで利益を得ることを指します。情報商材とは、自分の持っている知識などをまとめて教材にし、PDF形式等のファイル、動画などに加工したものです。

情報商材は、情報自体に金銭的な価値を設定していて詐欺まがいのものも多くあるので、見極めることが大切です。

情報起業の初心者が月50万円稼ぐには

情報起業のメリットは、ほとんどの場合初期コストがかからないことです。いわゆるハウツーやマニュアルのような実利的な情報を、いろいろな方法で売っていきます。会員制のサイトに情報商材を流し、その会員料をとるという方法でもよいですし、その情報商材自体に値段をつけることもできます。

月50万以上稼ぐには、情報商材の単価をたとえば100円と設定しても、会員制にして毎月課金してもらえるシステムにできれば、会員5000人獲得で達成が可能です。情報商材の場合、単価はかなり高く設定できますので、単価1万円程度に設定できる自信があれば、毎月50人に売ることで達成できます。

情報起業家とは? なるには?

情報起業家とは主にインターネット上で情報商材を売り、それで対価を得るというビジネスモデルです。売れる情報さえあれば、気軽に参入することができます。会社を構える必要もなければ、大規模な設備投資をする必要はありません。

情報起業家になるには、自分がどのような情報で対価を得るのかをまず考えます。そして、それからその宣伝をするウェブサイトやメールマガジンなどを立ち上げます。広告を導入するという方法もあります。

情報起業家の有名人や菅野一勢について

情報起業家とは、ブログやメルマガ、ホームページなど情報を発信してお金を得ている人のことを言います。一億円プレーヤーもいますが、そこまで稼いでいるのはごく少数です。情報起業家には、自分のお小遣い程度を稼げたらいいなあという人から、とてもたくさん稼ぎたい人までたくさんいます。

そのなかでも、川島和正氏・菅野一勢氏・宇崎恵吾氏・尾島幸仁氏などが一億円以上を稼ぐ情報起業家として有名です。

なかでも、菅野一勢氏は情報起業家として新しいモデルを確立したことで定評があります。そのビジネスモデルは、グーグルやヤフーの質問サイトなどで人々が知りたいことを集めて、その道のプロに情報を執筆してもらってその情報商材を自分のブログサイトなどで提供し、利益を得るという形態でした。今であれば誰もが思いつきそうですが、誰も思いつけない頃にスタートしたので、かなり成功しました。

情報起業家の詐欺や逮捕について

情報起業家の中には悪質なタイプもおり、詐欺によって逮捕される人もいます。たとえば、「月収100万円を稼ぐノウハウを紹介」とか、「競馬で必ず勝てるノウハウを紹介」などといっても、実際は普通のテクニックであったり、登場人物の体験談も架空でねつ造であったりすることがあります。高額な情報提供料だけを取って、その後連絡が取れなくなることもあります。

その他、情報商材を売るはずなのに、実際の商品の仕入れをさせられたり、情報提供料金以外に高額なコストがかかることもあるので注意が必要です。インターネット上に載っている体験談などを鵜呑みにせず、精査することが大切です。

まとめ|情報起業はやり方次第

情報商材をインターネット上のホームページやブログ、メルマガなどで販売するという比較的新しいビジネスモデルが、情報起業です。情報起業家の中には悪質なことで儲けている人もいますので、ノウハウを購入する場合は注意が必要です。

情報起業家として成果を得るには、ニーズを調査し、価値のある情報商材を作り出すことがまず大切です。商材が決まった後に、キャッチコピーを考えてどう売り出すのかを考え実践していきます。

やり方次第で新たなビジネスを生み出すこともできますし、大きくお金儲けをすることも可能です。パソコンなど少しの設備があればできますので、画期的なビジネスモデルであるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加