ジム・ローンとは

ジム・ローンとは

ジム・ローン(Jim Rohn)とは、アメリカの起業家で講演家であり、自己啓発の分野では非常に有名な作家でもあります。サプリメント会社のセールスマンとして活躍したのちに、アメリカ国内の一流企業のコンサルタントとしても活動し、31歳で億万長者となりました。その後、世界各地でセミナーや講演を行ないながら、自らの体験を人々に教える活動をスタートさせ、世界一のメンターとも称されています。

『ジム・ローンの億万長者製造法』とは

『ジム・ローンの億万長者製造法』の原題は、7 Strategies for Wealth & Happinessといいます。日本語に訳すと「富と幸福のための7つの戦略」となり、そのタイトルからも分かるように、富を得て幸福になるための戦略が書かれています。

この本は多くの成功者に影響を与えて、ロングセラーとなっています。内容としては五つのキーワードからなっています。基本、豊かさと富、幸福、規律、成功です。ジム・ローンの失敗談や苦労した経験談なども交えた内容になっていて、成功するための多くのアドバイスが得られる内容になっています。

ジム・ローンの『野心を抱け』とは

『野心を抱け』も同じくジム・ローンによるもので、世界最大規模の自己開発プログラム会社のナイチンゲール・コナント社によるオーディオブックです。日本で発売されているものはもちろん日本語版になっていて、最新の能力開発技法の速聴も取り入れられています。

時間短縮はもちろんですが、ビジネス書の内容を聴くのには2倍速が最適という考えによるものです。速い音声を聴き取ろうとすることで、自然と音声を聴き取ることに集中し、内容を理解できるようになっています。

ジム・ローンとアンソニー・ロビンズの関係は

アンソニー・ロビンズは世界№1サクセスコーチといわれ、億万長者として成功している人物です。ジム・ローンはアンソニー・ロビンズの師匠と言われていて、アンソニー・ロビンズに大きな影響を与えています。

アンソニー・ロビンズは前述したジム・ローンの著書、億万長者製造法も当然読んでいました。この本を読んだとき、アンソニー・ロビンズはジム・ローンから何回この本を読んだか聞かれています。1回だと答えたところ、ジム・ローンは良い本は何度も読むことが大切だと伝えたそうです。アンソニー・ロビンズは何度も読むことでそのときの自分の状態によって学ぶことも変わってきて、より多くを学べることに気付かされたといいます。

アンソニー・ロビンズはジム・ローンに繰り返し本を読む大切さを教わり、アメリカの成功哲学の祖といわれるナポレオン・ヒルの著書を繰り返し読み、暗記するまで読んだといいます。繰り返し読むことで成功するためのイメージが自分の中に取り込まれます。これは多くの成功者が実践していることです。成功のイメージが取り込まれることで、自分自身の成功に繋がると考えられます。

ジム・ローンとネットワークビジネスの関係について

世界的なネットワークビジネス会社の相談役としても知られるジム・ローン。そのため、彼の著書はネットワークビジネスを行う人にも人気があります。ジム・ローンの著書には、ネットワークビジネス成功のカギとなることが多く含まれているからです。そのためジム・ローンの著書から学ぶことはネットワークビジネスにも役に立つと考えられます。

ちなみに、億万長者製造法の中では、ビジネスの成功にメンタル面の向上について書かれています。ネットワークビジネスの成功においても、メンタル面が成功のカギだといわれています。ネットワークビジネスは自分のペースで行うことができますが、その反面で自分を甘やかしてしまうと成功しません。

まとめ|ジム・ローンは自己啓発業界の元ネタ

自分をより高めていくことを自己啓発といいます。ジム・ローンは起業家であり、自己啓発作家、モチベーション・コーチ、講演家でもあります。一流企業のコンサルタントとして活躍したことも有名です。ジム・ローンは多くの成功者、億万長者に影響を与えた人物です。

ジム・ローンが残した発言の中には、心に残る名言が数多くあり今でも受け継がれています。自己啓発業界の元ネタを辿れば、ジム・ローンの考えがもとになっていることも多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加