ノウハウコレクターとは

ノウハウコレクターとは

ノウハウコレクターとは、ネットビジネスで使われる用語で、情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益があがっていない状況を指します。情報を得ることで満足してしまい、実際に行動しないことが原因で、ノウハウコレクターになってしまうケースが多いようです。

このようなケースでは、インプット量に比例したアウトプットが出来ていないところが問題となります。有料・無料問わず情報をコレクションするため、キャッシュフローが安定しません。出費ばかりが多くなり、生活が困窮することもあります。

1.ノウハウコレクターの悩みや心理はどうなっている?

ノウハウコレクターは、完璧主義の人が陥りやすいといわれます。得た情報に対して完璧に理解していないと実践に移せないため、常に新しい知識を探します。自分に自信がないことも、悩みのひとつとしてあげられます。

他のビジネス実行者と比較して劣っていると考えて、アウトプットをためらいます。不安心理を和らげるために勤勉に学習しますが、成果につなげることができません。いつまでも学習だけを繰り返し、頭でっかちになっていきます。

継続力がない人も、ノウハウコレクターになりやすい傾向があります。少しの努力でできる楽な方法でお金を得たいと考えるあまり、次々に新しい情報へとアクセスします。世の中には「初心者なら○○がおすすめ」「○○こそ最強のツール」「○○するだけで月30万」など、誘惑がたくさんあります。新しい情報を次から次へと集めるだけで、何もものにならない事例です。

2.アフィリエイトのノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターの悩みをアフィリエイト分野に当てはめると、ASPに登録するにはスキル不足・もう少し勉強しないと報酬を得るに値しないと思い込んでしまうことです。世の中に公表できるほど優れた文章を書けていない・ホームページの作り込みがたりないなどを理由に、情報更新ができないこともあります。

売れる仕掛けを作らない限り、報酬は発生しません。継続力がないタイプだと、ASPを転々とする傾向があります。SNS・ブログ・ホームページなど、情報掲載媒体を転々とすることもあるでしょう。まとまった収益を得るためには一定の時間が必要なことを理解しない限り、希望報酬には届きません。

3.ノウハウコレクター救済プロジェクトとは?

ノウハウコレクター救済プロジェクトとは、Dacoon株式会社が販売する商材です。ノウハウコレクターを脱出して稼げる人材になるという広告文句で、セミナー参加を促します。実際にはスマホアプリ作成ツールの販売を目的とした集客であり、ノウハウコレクターとの関連性はありません。

必ず稼げるようになる保証もなく、信憑性に乏しい情報と言えます。ただ、一定数の申込者がいたことは事実です。そのうちの何割かは、実際に報酬を得た状況も想定されます。

4.ノウハウコレクターを脱出する方法

ノウハウコレクターを脱出するための方法として、まず自分で考える習慣をつけることです。商材はあくまでサポートとみなし、自分で考えて行動します。物事を行う意味と期待される結果を理解したうえで実践すると余分なアクションが少なくなります。

完璧主義で実践にうつせないなら、手を動かす習慣をつけます。アウトプットが伴うまでは、次のインプットを控えましょう。そして、一つの物事に継続的かつ集中的に取り組みます。役に立たないと切り捨てるのは簡単ですが、どうすれば役立つか考えてください。

5.脱ノウハウコレクターするには環境を変える

脱ノウハウコレクターするには、環境を変えると良いとも言われます。これには一緒にいる人が自分の鏡との考えが根底にあります。成功者が集まっている場所に行くだけで、成功できる人材になる可能性が高まります。成功者コミュニティに入会するのに、特別な資格は不要です。どうしても成果があがらないなら、自分を取り巻く環境を見直しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加