心が疲れた時

心が疲れた時

「心が疲れた……」なんとなく、そう感じることはありませんか? 新たに何かを始めるという気持ちが起きない、何かを考えることさえも面倒くさい、そんな時は心が疲れているのかもしれません。

自分の心の状態が知りたい場合は、ネットで検索すると”ストレス診断テスト”といった診断サイトがいくつか見つかるので、気軽に受けてみるのもいいかもしれません。こういったテストを受けると、自分自身の心の疲れの原因が”何”か、分かる場合があります。

身体的ストレス、精神的ストレスと大きく分けると二種類のストレスがありますが、よりどちらの要因が強いのか、それを知ることで対処法は自ずとわかります。

心が疲れたら仕事はどうするか

現代は「ストレス社会」といわれているだけに、心が疲れている人は大勢います。

ストレスを発生させる元として第一に考えられるのは「仕事」ではないでしょうか。人によっては、一日=24時間のうち、睡眠や家族と過ごす時間よりも、仕事に費やす時間の方がはるかに多いというケースも少なからずあると思います。

仕事でストレスになる部分は、上司や部下、同僚との人間関係、責任のある業務を抱えてのプレッシャー、残業などが原因の睡眠不足、疲労などが挙げられます。

そういったストレスにより心が疲れた時は、思い切って仕事を辞める・転職するといった選択肢を視野に入れることを考えてください。今すぐに辞めないとしても、「いつでも辞められるんだ!」という気持ちが頭の中にあると、少しだけ気持ちが楽になることでしょう。

心が疲れた時のケア方法

心が疲れた時、その疲れを癒すには、その原因となる”ストレス”から遠ざかることが重要です。

たとえば(身体的に)疲労困憊で心が疲れている場合には、とにかく休息することが理想的なケア方法となりますし、パワハラなどで苦しんでいる場合には、職場の誰かに、あるいは労働組合に相談してみるといった物理的な対処方法も有効です。

心の疲れが長引きそうな場合は、趣味に打ち込むなどして一時的にでもストレス解消を行うことも必要です。今ハマっているものがない場合は、新しい趣味を見つけてみましょう。

時には他人に話すことで心を落ち着かせることもいいでしょう。いつもいつもでは嫌がられますが、愚痴を吐くことで、心の中のモヤモヤをスッキリさせることができます。良いアドバイスがもらえるかどうかは別として、聞いてもらうだけでストレス解消になります。愚痴を聞いてもらったら、感謝することは忘れずに。

また、意外ですが「何も考えない」ことも、ケアになります。海や森、山などに出かけて現実逃避するのもよいかもしれません。

心が疲れた時に読む本

最近は”読む人の心を癒してくれる”本がたくさんあります。ふらっと本屋さんに立ち寄って、なんとなく心惹かれる本を買って読んでみてもいいでしょう。

保坂 隆氏の著書「精神科医が教える心の疲れがたまったときに読む本」は、ストレスを減らすための対処法が描かれているなど、心が疲れた時に読むための本といえます。心が楽になるヒントを得られるのではないでしょうか。

また、斎藤 茂太氏の著書「モタさんの心がフワリと軽くなるちょっといい言葉」は、同氏の名言がたくさん詰め込まれており、心の処方箋となってくれます。堅苦しくなく難しい内容ではないので、気軽に読めるといった点でも心が疲れた人向けです。

心が疲れたら人間関係を見直す

心を疲れさせる原因として第一に挙げられるのが”人間関係”。職場での人間関係はもちろん、プライベートでの人間関係も含まれます。

日々複雑な人間関係の中にいる私たちは、そこから発生するストレスからは避けられないといっても過言ではありません。仕事を辞める理由としても、人間関係は最も大きなものとなっています。

心が疲れた時は、一度人間関係を見直してみてはいかがでしょうか。

ストレスの原因を作っている関係を整理してしまうのもひとつの手。相手との関係が続くことで少しでも”希望”が見えるのであれば、心持ちを変えたりコミュニケーションの改善を考えましょう。そうでなければ、思い切って決別することも考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加