プロジェクト管理とは


プロジェクト管理とは

「プロジェクト管理」とは、プロジェクトマネジメントと同様の意味を持ち、英語で「Project Management」と記せます。「プロジェクト=目的」を成功させるために行う活動を総称してそう呼ばれています。

プロジェクト管理は、主にシステム開発における重要な要素とされており、プロジェクトの成功のためには不可欠ともいえます。

具体的には、目的を果たすための計画(メンバーへの作業の割り振りなど)や日程の作成をはじめ、日々の進捗の管理や期限、予算、品質を守るためにそれぞれのバランスを調整する業務のことを指します。

プロジェクト管理のフローとして理想的なのは、(1)目的を明確にする、(2)目的を達成するために必要な工程をシミュレーションする、(3)作業の流れの中で進捗を理解する、(4)問題が起きたら解決に導く、といった流れです。

プロジェクト管理のおすすめの手法やソフト

プロジェクト管理は、言うは易しく、実行は難しいというのが現状です。結局のところ、プロジェクト管理に対して、正しい方法、正しくない方法と断定することは難しくなっています。時代に即した方法をとることはもちろん、そのプロジェクトを遂行していく環境、背景にも個々で違いがあることから、簡単にこうすればいいと言い切ることができないのです。

ただし、一般的に行われている手法をチェックしておくことは非常に有効です。その中から必要と思われる工程をピックアップしてプロジェクト管理を行ってきますが、どの企業・どのグループにおいても必ず重要になる項目が2つあります。

一つは、メンバー全員が正しい情報を共有すること。プロジェクトの品質や進捗に関わる重大な項目です。これができていないとなると、プロジェクトを遂行することができなくなってしまいます。

もう一つが問題提起をすること。計画が必ずしも順調にいくとは限らないことを想定し、問題があればきちんと解決しなければ最後に行き詰ってしまうでしょう。

プロジェクト管理のツール比較

プロジェクト管理と聞くと、とても難易度の高い仕事に思えますが、最近ではプロジェクト管理が簡単に分かりやすく行えるソフトがあり、多くの企業で導入されています。

無料のソフトでもプロジェクト管理が行えるものはたくさんあります。例えば、「Wunderlist」というソフトがあります。フォルダをグループ化してアクセスしやすくしたり、グループ内の誰でもコメントを残すことができたり、やらなければならない業務をリマインダーで知らせてもらえるなどその機能は実に多彩です。

プロジェクト管理のためのソフトはどの工程に特化しているかで分類することができ、製品の開発や設計に重きを置いた”PLMツール”というものや、作業メンバーの作業効率を可視化することに重きを置いたコラボレーションツール、進捗に重きを置いたスケジューラーなど明確に比較可能です。

プロジェクト管理をクラウドで行うには

プロジェクト管理をクラウドで行うのであれば、人気が高い定番のソフト「サイボウズ」がオススメです。無料版もありますが、企業で使用するのであれば有料版の「サイボウズOffice」導入を検討してもいいかもしれません。

スマートフォンからのアクセスもでき、データセンターで4重にしっかり管理してくれるため、データ流出の不安も解消されます。タスクごとに担当者及び期限を設定でき、一目できる便利な機能があります。

30日間無料で試せるというメリットもあり、月額にしても1ユーザー500円と低価格。スタンダートコースでも標準機能が豊富なため、十分に利用価値があるといえます。

プロジェクト管理を行う上で不可欠となるメンバーの情報共有も可能にしてくれますし、「誰が、何を、どのくらい」という状況が可視化されることにより、課題の早期発見にも役立ちます。

ここでは、人気のソフトをご紹介しましたが、プロジェクトの特性や参加している人間の属性など様々なタイプに合わせたソフトがたくさん存在していますので、まずは無料版をいろいろ試してみて、プロジェクトとの相性のいいソフトが判明してから有料版を導入してみることが失敗しないコツだと言えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加