ロイス・クルーガーとは 

ロイス・クルーガーとは

ロイスクルーガー(Roice N.Krueger)とは、アメリカの実業家・ビジネス書作家です。『7つの習慣』で有名な世界的人事系コンサルティング会社、フランクリン・コヴィー社の共同創業者でもあります。

独立後は、経営コンサルタントとしても活躍し、世界中のエグゼクティブから絶大な信頼を得ていて、親日家としても有名です。

ロイス・クルーガーの『8つの鍵』とは

ロイス・クルーガーの提唱している「8つの鍵」とは、長期的な成功の原理原則を紹介したものとなっています。短期間的で一発屋に終わってしまうビジネスパーソンを作るものではなく、どのような時代でも通用させることができる成功の秘訣と言えます。

書籍化されている『8つの鍵』には、“究極の富と幸せの原則”と副題がつけられており、法則の数の「8」は横にしてみると、インフィニティマークの「無限大」となることもあって、“究極”のニュアンスを引き出しています。

8つの鍵は、

1つめの鍵 法則を見出す
2つめの鍵 信念を決める
3つめの鍵 目標を書き出す
4つめの鍵 人間関係のスキルを身につける
5つめの鍵 計画を実行する
6つめの鍵 結果を計測する
7つめの鍵 富を分かち合う
8つめの鍵 改善し続ける

となっており、書籍では、この「8つの鍵」をひとつずつ、くわしく解説しています。

ロイス・クルーガーの究極のコミュニケーション術とは

ロイス・クルーガーは、世界的に有名な大企業でセミナーを重ねるほどの大人物として知られています。そのロイス・クルーガーが持つスキルのひとつが、究極のコミュニケーション術です。

彼が提唱するこの他者とのかかわり方は、ビジネスにおける関係構築において、決して欠かすことができない、非常に重要な要素がふんだんに盛り込まれています。「世界で通用するコミュニケーション力」と銘打たれており、人間関係にこれまでは苦手意識を持っていた人の、そのマイナスの意識を改善し、コミュニケーションの達人となることができます。

成功者はコミュニケーションの達人であり、高いコミュニケーションが年収の価格もアップさせていくことを感じさせます。

ロイス・クルーガーと「7つの習慣」の関係とは

ロイス・クルーガーは、伝説級の成功を収め続けているコンサルタントのひとりです。そんな彼が提唱している、成功者になるための7つの習慣が存在しています。

「相手が自分を理解する前に、自分が相手を理解すること」「重要なことを、重要なこととして優先し続ける」「変化するためには、行動を起こさなければならない」「人を責めると、悪かったのは自分だったと気づく」「積極的な人は傾聴して、良い人間関係を築く」「自分がどう反応するかは選択することが出来る」という6つに加えて、「最重要の習慣は、終わりを思い描くことから始める」とされています。

これらの内容は、ビジネス書の名著としても名高い『7つの習慣』として刊行されており、世界中のビジネスパーソンの指標として、多くの人に愛読されています。

ロイス・クルーガーの名言

ロイス・クルーガーは、世界中で活躍する有名人であり、様々な著書や公演も行っています。彼が成し遂げた数々の栄光に伴い、非常に多くの名言も生み出されています。

どのような人間になりたいかは、自分で決めることができるし、どこに住みたいかも自分で決めることができる。結婚相手も自分で選べるし、職業もまた自分で選べる。幸せでいたいのか、それとも悲しんでいたいのか?幸福に結びつくような生き方を、するもしないも、あなた自身で決められる

といったメッセージは、ロイス・クルーガーの生きざまと深くリンクして伝えられています。

まとめ|ロイス・クルーガーは伝説のコンサルタント

ロイス・クルーガーは、世界中で様々な以上を成し遂げ続けるコンサルタントです。その仕事内容は決してひとつではなく、多方面に展開され、多くの企業を成功に導いてきました。

経済的なものはもちろんのこと、ロイス・クルーガーの強い生きざまや、前述したような数々の名言は、未来を志す多くの人の心に突き刺さり、時に指針となっています。

彼の著書は世界中で愛され、公演にもたくさんの人が訪れており、そのアイディアがたくさんの人の道しるべとなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加