ロミオとジュリエット効果とは

ロミオとジュリエット効果とは

ロミオとジュリエット効果とは、なんらかの目標達成をしたい場合、ある程度の障害があったほうがその障害を乗り越えようと、目標達成に対するやる気が起きたり意欲が高まる心理現象を指します。世界的に有名なシェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』から命名されました。

『ロミオとジュリエット』の物語は、恋人同士であるロミオとジュリエットの間に家柄の違いという障害があり、それがそれぞれの想いにさらに火をつけるというストーリーです。最終的に行き違いによって二人とも死んでしまうため、悲劇として位置づけられています。

ロミオとジュリエット効果の原因は? なぜ起こる?

では、なぜこのような「ロミオとジュリエット効果」が起こるのでしょうか?

子どものころのことを思い出してください。大人から「~は危ないから遊びにいくな」と言われたとき、どう思いましたか?なんとなく、遊びに行くなといわれたら、逆に、遊びに行きたくなりませんでしたか?

ロミオとジュリエット効果は、そのような単純な”好奇心”からスタートします。行くなと言われれば行きたくなる、触るなと言われれば触りたくなる、そんな反動的な心の動きがロミオとジュリエット効果を起こさせるといえるでしょう。

ロミオとジュリエット効果の影響

ロミオとジュリエット効果は禁止されることにより、好奇心が増してしまうといったところから起こります。

なので、してほしくないことを止めて欲しいとお願いしたとき、ロミオとジュリエット効果が起きてしまうと、逆にやる気を起こさせてしまう恐れがあるのです。特に、大人から子どもへのしつけなどでは、非常に頭を悩ませるところでしょう。

また、不倫や法律で禁じられている関係など、許されない恋愛をしている相手に対して「その恋愛はやめた方がいい」と助言した場合、かえってその心を燃やしてしまうこともあります。「ロミオとジュリエット効果」は、第三者からすると、非常に厄介な心理現象だといえます。

ロミオとジュリエット効果を恋愛に応用する方法

ロミオとジュリエット効果を恋愛にうまく利用すれば、片想いを実らせることや結婚にいきつく可能性が高くなります。

片想いの場合は、ロミオとジュリエット効果を駆け引きの一部として利用しましょう。たとえば、それなりに相手と親密になってきたタイミングで、「おじゃま虫」を登場させるのです。あなたに好意を寄せる異性が、二人の間に割って入るというような状況ですね。

すると、あなたの片想いの相手は、ちょっとした闘争心(ヤキモチのようなもの)を抱き、あなたへの気持ちを高めてくれるかもしれません。

また、付き合っている相手と結婚したい、だけど、どうもうまくいかないという人も、ロミオとジュリエット効果を試してみてください。毎週のように会っていたのなら、「忙しいから、しばらく会えない」などと言ってみたり、周囲に協力してもらい、二人の仲を引き裂くような言動をしてもらうという方法もあります。

しかし、相手に策略と見抜かれてしまった場合、ひどい結末を迎えることもありますので、やりすぎにはくれぐれも注意してください。

ロミオとジュリエット効果はマーケティングに応用できる

ロミオとジュリエット効果はマーケティングにおいても非常に有効であるといわれています。

わかりやすい例でいえば「限定品」。個数限定で販売されている商品や、その地域でしか売られていない商品、在庫が残り一個の商品などを見かけると、どうしても欲しくなってしまうのが人間です。

消費者の購買意欲をそそるために、初回の生産をあえて抑えるといった方法もあります。いつでもどこでも手に入る商品は、高額で売ろうとしても難しいのです。ポイントは、いかにその商品が”希少”であるかを訴えるところにあります。

「手に入りにくい」という障害が、消費者の心に火をつけるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加