セールスコピーとは

セールスコピーとは

セールスコピーは、即売り上げに直結する、「物を売るため」に作成された文章で、主にダイレクトメールなどに使われます。通販販売や求人募集の広告で、購入・申込み数、問い合わせ件数を増やすために重要な役割を担っています。

広告の成功・不成功は、申込件数や問い合わせ件数がどのくらいなのか、そしてどのくらい利益が上がったのか、という数値を出すことではっきりとわかります。その集計結果をもとにしてレスポンスを分析し、のちの販売増につなげます。

申し込みをしてきた顧客の属性(例:性別・年齢・職業等)を判断することで、同じ属性の顧客に対して安くダイレクトメールが配信可能となり、結果的にダイレクトメールの効果を飛躍的にアップさせることができます。逆に収支が赤字なのであれば、セールスコピーを書き直すなどの対策をとることによって、レスポンスアップを狙います。

セールスコピーの書き方や法則

セールスコピーの書き方としてなによりも重要なことは、対象の顧客を明確にするということです。また、対象顧客の欲求キーワードを拾い出して、売るためのキーワードを拾い出します。さらに欲求キーワードと売るためのキーワードとを合せることで、効果的なセールスコピーを探り出すことができるのです。

中でも重要なのがセールスコピーにおいて対象顧客を明確にするということ。まずは誰に売るのか、ということを明確にします。対象顧客が明確になっていなければ欲求もわかりません。

次に対象顧客の欲求ワードを拾い出していくのですが、この欲求キーワードとは対象顧客がキーワードを見たら、ついつい興味を持ってしまうような言葉のことを指します。

人間というのは関心のあることに対してはアンテナをしっかりと張っているものです。顧客はダイエットをしている人なのか、子育てをしている人なのか、といったことを絞っていき、キーワードをいくつかピックアップすることが重要になります。

セールスコピーのライティングの例

セールスコピーのライティングは欲求キーワード、そして売るためのキーワードを合わせています。

たとえば、

欲求キーワード……ダイエット、体重、くびれ、痩せる など
売るためのキーワード……簡単、手軽、飲むだけ、部分やせ など

これらのキーワードを合わせていくことによって、次のようなコピーライティングが作れます。

・部分やせが簡単にできる飲むだけダイエット
・くびれが欲しいなら部分やせダイエットで実現

欲求キーワードと売るためのキーワードを組み合わせることができれば、一見すると難しそうなセールスコピーライティングも、とても簡単に作成することができます。

セールスコピーライターの年収や求人

セールスコピーライターは、ダイレクトレスポンス広告を書くライターのことです。つまり、コピーを読んだ人が瞬間的に行動したくなるようなコピーを書くことが仕事です。

イメージ広告の場合は、商品や企業のプラスのイメージを作るということが目的です。セールスコピーの場合は、対象の顧客が読んで、すぐに行動したくなる、すぐに買いたくなる、といった行動に駆られるようなコピーを書くことが非常に重要になります。

就職先として多いのがウェブマーケティング会社で、月収は18万円程度です。ある程度実績を積んで独立してしまえば、制限なく稼ぐことが可能であり、継続収入も見込めます。セールスライターになれば誰もが高額な給料を得ることができる、とはいえませんが、がんばり次第、スキル次第で高額な収入を得ることは可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加