seoとは

seoとは

seoとは、“Search Engine Optimization”の略で、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となり、SEO対策とは、検索エンジンでキーワード検索をした際、目的のサイトが上位に表示されるようさまざまな施策を打つことを指します。

上位ページに表示されるサイトの方が、下位ページに埋もれているサイトよりも、多くの人の目に留まりやすくなるため、閲覧者や顧客を増やしたい企業にとって、seo対策に取り組むことは非常に重要です。

なお、検索結果の一番上部や右に表示されるリスティング広告は、検索エンジン側に費用を支払うことで掲載される広告の一種のため、seo対策の結果とは関係ありません。リスティング広告が表示される位置は常に一定ですが、検索結果はseo対策次第で変動します。

seo対策とは

検索エンジンから、ユーザーの役に立つ優良なサイトであり、かつキーワードとの関連性が高いと判断されたサイトは検索順位が高くなります。その判断条件に合致するようウェブサイトを改良していくのがseo対策です。

検索順位を決めるルールは、検索エンジンごとに独自に設定されていて詳細は公開されておらず、順位を左右する要素も多岐にわたっています。

現在、順位に関係しているのは、検索キーワードを含んでおり、それに沿ったページが構成されていること、またほかのウェブページから多数のリンクがされていること、HTMLが適切に用いられていること、等と言われており、一般的にseo対策とは、こうした施策のことを指します。

順位とクリック率

検索順位が上がるほど、それをクリックするユーザーも増加します。ブランド名や商品名ではなく一般名詞でキーワード検索をした場合、1位に表示されるサイトのクリック率は、およそ20パーセントと言われています。

順位が下がるにつれて急激にクリック率も下がり、4位以下になると10パーセントを下回ります。ほとんどの人が改ページやスクロールをせずに済む範囲にあるサイトに訪問するため、下位のページまで、くまなく調べる閲覧者は非常にまれと言えるでしょう。

seo対策の費用や方法

seo対策の基本は、サイト内のコンテンツを充実させること、外部のウェブページからのリンクを増やすこと、そしてHTMLタグなどの内部対策をすることです。専門の業者に依頼することもできますが、その業者が得意とする手法や費用はさまざまなので、適切なものを選ぶ必要があります。

非常に安価で請け負う専門業者には注意が必要です。不適切な方法で順位を上げようとすると、検索エンジンからペナルティを課される可能性が高くなります。

自動生成のリンクを大量に作成する方法などはペナルティの対象となっており、粗悪なサイトからの不自然なリンクが大量に発見されると、かえって順位が下がってしまうことがあります。

seo対策の無料ツール

プロにseo対策を依頼する以外に、無料ツールを使って自力で施策に取り組むことも可能です。現在の検索順位取得やキーワードの使用状況、リンクのチェックなどを調べる自己診断ツールを使えば、自分のサイトが検索エンジンからどんな評価をされているのか把握することができます。

ほかにも、自然なペースで少しずつ被リンクを増やし続けてくれるツールや、対応のシステムを使用していれば自動でseoの内部対策をしてくれるツールなど、サイトの形式や用途に合わせて選択できます。

とはいえ競争の激しいキーワードの場合、無料で行う対策には限界があります。プロのコンサルタントに相談することも視野に入れておきましょう。

seoコンサルタントの選び方

コンサルタントを選ぶときは、業者の実力を見定めることが必要です。まずは営業担当者を観察してみましょう。seoに関わる説明は専門用語が多くなりがちですが、説明がわかりやすく納得できるものであれば、担当者の理解度も高いと考えられます。

また、アドバイスだけでなく、実際に質の高いコンテンツを準備できるか、サイトの速度を上げるといった実務も依頼可能かどうかも確認しておいてください。実務も請け負っている会社であれば、より具体的なアドバイスが期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加