ティモシー・フェリスとは

ティモシー・フェリスとは

ティモシー・フェリスは、アメリカの著名な実業家です。プリンストン大学を卒業した後にベンチャー企業に就職、サプリメント販売会社を作りました。関与する仕事を限りなく減らし、利益を最大限にする経営理論が有名です。

1.ティモシー・フェリスの筋肉を増やすトレーニングとは?

ティモシー・フェリスは、日常生活でも合理化を重視します。独自理論に則って効果的な筋トレメニューを考案し、1ヶ月で15キロの筋肉増強を実現しました。毎日ストイックにトレーニングしたわけではなく、1回あたり30分・週2回程度の強度です。

筋肥大に効果的なメニューを取り入れるとともに、食事制限を実践します。炭水化物を減らし、タンパク質をふやすやり方です。毎日タンパク質ばかりだと吸収率が下がるため、週に1度はタンパク質をセーブします。代わりに炭水化物でエネルギー補給します。

短期間で驚くほどの変化をとげた様子は、ブログで報告されています。各メディアで話題を集め、トレーニング本の出版にいたりました。

2.ティモシー・フェリスの語学習得方法とは?

ティモシー・フェリスの効率化理論は、語学学習にも活きています。自ら編み出した方法で、日本語・中国語・イタリア語をマスターしました。日本語6ヶ月・中国語3ヶ月・イタリア語1ヶ月という短期で実現した点も関心深いところです。習得までにかかる期間がだんだん短くなっていることから、学習法に改良を重ねた背景も読み取れます。

ティモシー・フェリス式の語学習得方法で重要なポイント3つを見てみましょう。

第一に、有効性があげられています。選んだ教材でどんなことが習得できるか考えてから、学習する必要があるという考えです。選んだ教材は目的達成に有効か・言語を使ってどんなことをしたいか明確にして学習する重要性を説いています。

次に、学習への執着性です。興味・関心が持てることを重視して、教材を選ぶ必要があるとしています。最後に、学習の効率性です。「書く」「話す」の両方を加味したうえで、重要度の高いワードから学びます。

3.ティモシー・フェリスのダイエットとは?

ダイエット分野では「ゆる炭水化物ダイエット」を提唱しました。次のようなルールに従って生活します。

・起床後30分以内に30グラムのタンパク質をとる
・食事の間隔を30分以上あける
・1日あたり2リットル以上の水を飲む
・脂肪分が少ないタンパク質・豆類・野菜を日々の食事に取り入れる
・カフェインを摂りすぎない
・デンプン質の多い食品やスイーツを控える
・乳製品は避ける。ただしカッテージチーズだけはOK
・男性なら週に1日・女性なら週に1回夕食だけ、好きなものを食べてもいい
・ダイエット効果をアップしたい場合は、週に2~3回エクササイズをする

起床後すぐに大量のタンパク質をとるところがポイントです。タンパク質によって食欲が満たされて、食べ過ぎを防ぎます。代謝を高めて、脂肪を燃えやすくするメリットも期待されます。日本では「ゆる炭水化物ダイエット」という名称で知られています。炭水化物抜きダイエットよりややルールがゆるく、実行しやすい手法と言えるでしょう。

4.まとめ|ティモシー・フェリスは「週4時間」だけ働く実業家

ティモシー・フェリスは「週4時間だけ働く」をキャッチコピーとした実業家です。効率化を重視した思想は、あらゆる方面に活用されます。肉体改造・語学習得・ダイエットと自身が率先してチャレンジし成功をおさめる姿に感銘を受ける人が絶えません。

提唱する理論をまとめた書籍も発行しています。『週4時間だけ働く。』は、ニューリッチを目指す人のバイブルとして活用できます。今という時をより大事にしたいなら、一度目を通しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加