不労収入とは

不労収入とは

不労収入とは、働かないでも入ってくる収入という意味です。主に配当や利子、賃料などを指すケースが多く、株式や為替、不動産などの売買益も一般的には不労収入として認識されます。また近年ではブログやアフィリエイト収入を含むことも多いです。

この不労収入があれば生活の足しにできるだけでなく、怪我や病気で働けなくなった場合にも助かります。また、十分な不労収入があれば、早めにリタイアできるでしょう。そんな不労収入ですが、一体どのように作っていけば良いのでしょうか。

不労収入の種類

不労収入にはいくつかの種類があります。たとえば、不動産投資や株などの投資系の不労収入がその一つです。投資系の副収入はある程度元手が必要になりますが、大きく稼げるのが利点でしょう。また、アフィリエイトや小遣いサイトなどで稼ぐネット系の副収入もあります。

このように色々な種類がありますから、自分にあったものを選んでいくことが大事です。

不労収入の例1:不動産投資

働かずに収入を手に入れたいならば、不動産投資はうってつけの選択肢です。不動産投資は最初の不動産選定などを別にすれば、全く手間暇かけずに収入が入ってきます。また、不動産投資は成功率が高いこともポイントで、立地の良い高利回り物件を選んでいけば誰でも成功を手にできます。

とはいえ、不動産投資は元手がかかることが最大のネックでしょう。ある程度まとまったお金がないと、そもそも不動産を手に入れることすらできません。そのため、貯金がある人向けの投資と言って良いでしょう。

不労収入の例2:ブログアフィリエイト

ブログでのアフィリエイトは元手がかからないので誰にでもおすすめできます。とはいえ、ブログアフィリエイトで成功するには根気が必要で、読者がつくまで待たないといけません。

加えて、「自分のブログには何が欠けているのか」「読者は何を求めているのか」といったような分析力も必要になってきます。しかし、趣味感覚で続けていくこともでき、交流の幅も広がるなど、色々とメリットも多い方法です。

不労収入の作り方

不労収入は色々な方法で作っていけますが、大事なのが目標設定です。「月に5万円稼ぐ」「稼いだお金で年に一回は旅行する」といったように目標を定めておけば、努力しやすくなります。

加えて、失敗を恐れないこともポイントでしょう。不労所得を作る方法はさまざまですが、どれもが成功するとは限りません。そのため、ブログアフィリエイトで失敗しても投資に挑戦してみるといったように、失敗にめげないメンタリティーが必要になってくるのです。

月5万~20万円を不労収入で得るには?

月に5万円副収入を作る上で手を出しておきたいのが、やはり投資系の不労所得でしょう。不動産投資や株が当てはまりますが、こういった方法であれば意外と簡単に月に5万円以上稼ぐこともできます。最初の元手がない場合は、小遣いサイトなどで元手を貯めてから投資に手を出してみるという流れを作るのもおすすめです。

月に20万円不労収入を稼ぐには?

月に20万円も稼げれば、仕事をしなくても生活できるくらいですが、20万円稼ぐためには工夫も必要になってきます。たとえば本を出版して印税を得たり、役員になって役員報酬を得るというのも良いでしょう。いくつかの方法を組み合わせていけば、20万円を達成するのも夢ではありません。

不労収入の税金はどうなるの?

不労所得と言えど、税金は無視できません。かかってくる税金は住民税や所得税などですが、しっかりと申告しておかないと脱税と見なされて追加徴税されてしまうこともあります。月に10万円以上稼げるようになってきたら、税金のことは意識しておきましょう。

まとめ|不労収入を得るのは簡単ではない!

不労所得は作っておくべきですが、作るのは簡単ではありません。とはいえ努力次第で作ることは誰でもできます。今日からでも遅くないですから、不労所得を作り始めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加