鏡の法則とは?カウンセラーがあらすじや内容を徹底的に解説

鏡の法則とは? カウンセラーがあらすじや内容を徹底的に解説

2006年に出版された『鏡の法則』。これは野口嘉則さんが最初にブログで記事を公開したところ、大反響を呼び、出版化されたという一冊です。あれから約10年ほど時が経ちましたが、いまだに自己啓発の世界では「世の中には鏡の法則があって~」とか「鏡の法則的に、その考え方はまずいよ」などと言われたりします。

「なんだ、そんなに優れた考え方なのか!」。そう思って『鏡の法則』をくわしく知ろうとするほど、胡散臭いとか心理学的におかしいなどという批判があることがわかり、まさに賛否両論に分かれていることがわかります。

この記事では、現役のカウンセラーが鏡の法則を徹底解説。鏡の法則を信じるか信じないかは、あなた次第! なのですが、この記事が『鏡の法則』の理解に必ず役立つはずです。

目次 〜『鏡の法則』とは?あらすじや内容を徹底的に解説〜

1.『鏡の法則』のあらすじと内容

2.『鏡の法則』に出てくる法則を解説

3.『鏡の法則』を夫婦や恋愛で実践するには?

4.まとめ

1.『鏡の法則』のあらすじと内容

『鏡の法則』のあらすじと内容

『鏡の法則』の本の帯には、「読んだ人の9割が涙した!」と書かれています。いったいどんなストーリーなのでしょう。あらすじをご紹介します(ネタバレしますのでご注意ください)。

  • あらすじ


今年41歳になる主婦の栄子には悩みがあった。小学5年生の息子が学校でいじめられているからだ。暴力はふるわれていないようだが、仲間外れにされたり悪口を言われたりしているらしい。

栄子が「自分にできることはあるか」と尋ねると「別にいじめられているわけじゃない!」と言い張ってしまう。その姿をみた栄子は、なにもできない自分や、いじめを我慢し続ける息子に胸を痛めていた。

ある日、夫の紹介で矢口という経営コンサルタントを紹介され「鏡の法則」という心のはたらきを教わる。矢口は「あなたの大事なお子さんがいじめられているのは、あなたがだれか感謝すべき人に感謝せずにその人を責めて生きているからです」という。

いわれてみると思い当たる節があった。栄子は父親と何年も会話していないどころか、父親に対してひどい言葉をぶつけてきたことを思い出す。なにやら胡散臭い話に最初は気乗りしなかった栄子だが、父親との和解が息子のいじめの解決に繋がるならと思い、「鏡の法則」を試す。

長い間こころが離れていた父との関係を修復できるのか。不安を感じる栄子だったが、矢口の指示通り電話で話してみると、父への感謝で涙が止まらなくなる。父も栄子を傷つけてしまった過去を謝罪し号泣。「鏡の法則」によって親子のきずなが完全に修復した。

その後、矢口のアドバイスを聞いて行動するうちに、突然むすこが喜びながら帰宅する。いつもいじめてくる同級生に謝罪され、仲直りしたとのことだった。鏡の法則で、息子のいじめが解決し悩みを解決することができた。

※鏡の法則の全文は、野口嘉則さんのブログでも公開されています。こちらをクリック)して、リンク先からお読みください。

1-1.『鏡の法則』の著者の野口嘉則さんとは?

『鏡の法則』を書いた野口嘉則さんのプロフィールについてご紹介します。

野口さんは、2009年ごろから自己啓発に関する講座を開講されています。また、たくさんの著書を出版されている作家でもあります。自己啓発に関する分野の本が多いのですが、ご本人はもともと対人恐怖症で、高校時代は特に悩まれていたそうです。

大学では心理学の中でも、臨床心理学や、深層心理学のほか、トランスパーソナル心理学などを専門的に学び、その他にも東洋哲学などを研究されていました。

卒業後はリクルートに入社し、その後、メンタルマネジメントの講師として起業をされています。メールマガジンやフェイスブックで情報発信をされている他、ご自身で講座を開講されていますので、よりくわしく知りたい方はこちらの公式ブログをのぞいてみると良いでしょう。

2.『鏡の法則』に出てくる法則を解説

『鏡の法則』に出てくる法則を解説

『鏡の法則』では、主に2つの法則が紹介されています。

  • (1)鏡の法則

現実に起きる出来事は、ひとつの「結果」です。「結果」には必ず「原因」があり、その原因はあなたの心の中にあるのです。つまり、あなたの人生の現実は、あなたの心を映し出した鏡だと思ってもらうと良いと思います(同著P17より引用)。

  • (2)必然の法則

じつは、人生で起こるどんな問題も、何か大切なことを気づかせてくれるために起こるんです。つまり、偶然起こるのではなく起こるべくして起こるんです。ということは、自分に解決できない問題は決して起こらないのです(同著P40より引用)。

これらの法則は、ジェームズ・アレンが約100年前に書いた『As a Man Thinketh (邦訳『原因と結果の法則』)』という自己啓発本がモデルになっています。ジェームズ・アレンもまた、このような言葉を残しています。

人は、心で思っているままの人間になるという格言は、人間の存在を説いているだけでなく、その人の置かれている状況、とりまく環境全てにまで及んでいる。人間とはまさに、思考めぐらすものであり、人格とはその思考がより集まったものである」

(引用元:バビロン成功ライブラリー

ジェームズ・アレンの文脈をたどると、著書の『鏡の法則』は彼の考え方を参考にして書かれた法則であるわかります。しかし、『「原因」と「結果」の法則』はあくまでも自己啓発本です。たしかにすばらしい本ではあるのですが、さまざまな研究や根拠ある心理学書とは違うということもあわせて覚えておきましょう。

2-1.鏡の法則が心理学的に正しい部分

「『鏡の法則』の心理学的に正しい部分はどこですか?」ときかれたら、著書の中で紹介されている「ゆるす」という行為で得られる心の安心感ややすらぎです。

たしかに、憎しみや怒りを抱き続けていると、自分にとって強くマイナスの影響が発生します。自分の考えにとらわれてネガティブになりがちです。しかし、そのような憎しみや怒りなどが消えると、より柔軟に物事を考えられるようになります。

たとえば、長年許せなかった父親と和解をするシーンはもっともわかりやすい例でしょう。主人公である主婦・栄子は矢口のアドバイスによって「父をゆるす」という決断をしました。いざ和解してみると、心の中に溜まっていた不満や憎しみが消えて、安心や感謝の気持ちが湧いてきました。

その意味では、『鏡の法則』で紹介されている方法論は、自分や他人をゆるすことができる効果的なものといえます。

2-2.心理学の専門家が批判する理由

心理学の専門家たちが『鏡の法則』を批判する最大の理由。それは『鏡の法則』が原因と結果の法則の当てはまらないところまで効果があるようにみせているからです。

たとえば、父親との和解を終えた直後、栄子は息子から、いじめっ子に「いじめてごめん」と謝られたという報告を受けます。

それをきいた栄子は喜び、「このことは自分が父親と心で和解できたことに関係あるに違いない。そんな気がしてきた」(同著P55)と続けます。つまり、栄子は「鏡の法則」をつかったことでいじめが解決できたと思いこんでいるのです。

「鏡の法則」をつかうことでいじめが解決したというのは、栄子の単なる思い込み(妄想)です。鏡の法則の影響は父親の和解に対してであり、息子がいじめられなくなることには、何の因果関係もないのです。

この部分は作者のなんらかの意図があるのではないかと疑われています。たとえば、主人公に鏡の法則を妄信させて、鏡の法則を「奇跡を起こす魔法」のように演出しているのではないかと指摘されています。

このような表現があると、栄子に共感した読者は「鏡の法則をつかえば、家族に良いことが起こる」と信じてしまう可能性があります。一部の人から『鏡の法則』に対して胡散臭いとか、オカルトっぽいと指摘される理由は、そういった部分にあるようです。

3.『鏡の法則』を夫婦や恋愛で実践するには?

『鏡の法則』を夫婦や恋愛で実践するには?

『鏡の法則』は親子関係だけでなく、職場の人間関係や夫婦や恋愛でもかんたんに実践することができます。この本の中で最も大きなテーマとして伝えられているのは「他人をゆるす」ということです。

作中で紹介されている「ゆるすための8つのステップ」を下記にまとめてみました。夫婦やカップルなどでペアを組んで、一緒にワーク形式で行っていくと良いでしょう。

1.許せない人をリストアップする

  • 「この人をゆるすことができたら楽になる」「この人と心の底から和解したい」と思える人を紙に書く

2.自分の感情を吐き出す

  • 「その人に対する自分の感情」を書きだす。バカヤロ―とかろくでなし!でもOK

3.行為の動機を探る

  • 相手が自分にした行為を書く
  • 相手がその行為をした動機を想像して書く
  • 書き終えたら、相手を間違っているとさばかずに、未熟さや不器用さとして理解する
  • 相手の行為に意識を向けて、下記を宣言する
    「私がそうであるように、○○さんも喜びを味わいたかったんだ。私がそうであるように、○○さんも苦痛を避けたかったんだ」

4.感謝できることを書きだす

  • 相手に対して感謝できることをなるべくたくさん書きだす

5.言葉の力を使う

  • 「私は、私自身の自由と安らぎとしあわせのために、○○さんをゆるします」と宣言する
  • 「○○さん、ありがとうございます」と、10~30分唱え続ける

6.謝りたいことを書きだす

  • 相手に対して謝りたいことをできるだけたくさん書きだす

7.学んだことを書きだす

  • その人との関係を通じて何を学んだかを書きだす

8.「ゆるしました」と宣言する

  • 「私は○○さんをゆるしました」と宣言する

3-1.実践するメリット

「他人をゆるす」ことの最大のメリットは、憎しみや怒りというネガティブな感情から解放されるということです。ひとはネガティブな感情を持つと、それにとらわれてしか物事を判断できなくなります。たとえば、目の前に起きている出来事に対して、すべてネガティブな意味を感じるようになるのです。

強い怒りや憎しみを抱き、その人へのうらみや復讐したいという気持ちを持つことは誰にでもあります。しかし、そのようなネガティブな感情は、自分の精神状態や健康だけでなく、人生全体に対して大きな損害を生みだします。

鏡の法則で紹介されているワークは、実践するには勇気がいりますが、非常に効果的な方法論なのでぜひ試してみてください。

4.まとめ

この記事では『鏡の法則』のモデルとなったジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』に触れ、心理学の専門家による批判のポイントを紹介してきました。

カウンセラーの私としても『鏡の法則』を参考にする部分があります。特に「他人をゆるす」というテーマについて、非常にわかりやすく書かれていると思います。

しかし、『鏡の法則』は、すべてを癒す万能薬ではないとも思っています。ひとつの考え方にとらわれたり、強く批判的になりすぎることなく、ニュートラルな視点で良書から学び続ける姿勢が大切といえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加