天職とは|7つの質問による本当の天職の見つけ方を公開しちゃうよ!

天職とは|7つの質問による本当の天職の見つけ方を公開しちゃうよ!

私は、天職さえ見つかれば、朝起きた瞬間から「今日も大好きな仕事、めいっぱいガンバルゾー!」といった感じになり、毎日やる気マンマンで人生もうまくいくのになぁ…、とずっと思っていました。

そして、天職を見つけたくて、瞑想をしたり、自己啓発セミナーに参加したり、火渡りなども体験したりしました。そして、どうなかったか?というと「天職が完璧に見つかった」とまではいえませんが、人生が明らかに良い方向に向かっている、天職に近づいた感覚があります。

一般的に、天職探しにこだわりすぎると、時間をムダにするケースが多いようです。ぜひ、私の経験を参考にして、あなたの天職探しに役立てていただけるとうれしいです。

目次〜天職とは|7つの質問による本当の天職の見つける方法〜!〜

1.そもそも天職とは何か? 意味や適職との違いを解説

2.天職を見つけることのデメリット

3.天職を見つける7つの質問

4.なかなか天職が見つからない人の5つの特徴

5.天職診断よりも効果的|自分の才能や強みから天職を見つけるには

6.私自身、どうやって天職に導かれたのか?

1.そもそも天職とは何か? 意味や適職との違いを解説

天職とは、あなたにぴったりで、他人に止められたり批判されたりしても、やりたいと感じる仕事のことです。天から与えられた職業という意味があり、神父、神官神主といった神に使える神聖な職業を指すこともあります。

天職を考えるうえで、どうしても考えないといけないのが、天職と適職との違いです。天職と適職の違いは次のような感じです。

そもそも天職とは何か? 意味や適職との違いを解説

このように分類してみると、適職についている人はそこそこいる気がしますが、「私は天職に就いています」とハッキリ言い切れる人は、少ないように感じます。

1-1.ホントウに自分の天職かどうかどうすればわかるの?

あなたは、今の仕事が自分の天職かどうか、どうすればわかると思いますか? 天職かどうか見分ける方法は、ひとつしかありません。それは、あなたご自身が「私はこの仕事をするために生まれてきたんだ」と感じるかどうかです。

当たり前だ、と思いましたか? 天職かどうかなんて、結局あなたご自身にしかわからないのです。あなたが天職だと思えばそうですし、違うと思えば違う、ということになります。

2.天職を見つけることのデメリット

天職を見つけることのデメリット

天職を見つけるのは、素晴らしいことばかりように感じませんか? 実はデメリットもあります。この章では天職を見つけることのデメリットについて解説します。

2-1.職業によって年収に大きな差が

たとえば、あなたの天職がネイルアーティストだったとします。あなたは、ネイルアーティストの年収をご存じですか? ネイルアーティストの平均年収は350万円程度です。

これがもし、あなたの天職が弁護士だったらどうでしょうか? 弁護士の平均年収は約1036万円。ネイルアーティストと比べると、およそ3倍の年収の差です。このように、天職がどんな職業なのかで、まったく収入が違ってくるのです。こればかりは、そのときの時代の流れや社会のしくみにも左右されるので、いたしかたないでしょう。

2-2.天職によってはめちゃくちゃ苦労する場合も

日本人で初めて、アメリカのグラミー賞を受賞した音楽家の喜多郎さんは、高校生時代はロックに憧れ、アマチュアバンドに夢中でした。よくあるパターンかもしれませんが、高校を卒業しても音楽を続けようとする喜多郎さんに対して、親は猛反対し、「ちゃんと就職しろ、まじめに働け!」と言ったそうです。

しかたなく喜多郎さんは、楽器メーカーの就職試験を受け、見事合格。驚きなのはここからです。初出社当日のこと、親がその会社まで車で送ってくれたそうなのですが、なんと喜多郎さんは、出社せず逃げ出すのです。

結局、喜多郎さんは、アルバイトしながら、アマチュアバンドに情熱をそそぐ道を選んだのです。さらに、その後もハチャメチャ。なんと「ディス・イズ・ア・ペン」程度の英語しか話せないのに、単身で海外へ飛び出しました。

当然、英語を話せないので、顔を真っ赤にして相手に怒りをぶつけ、音楽への不満を伝えるなど、あらゆること全てを音楽へかける情熱だけで乗り切ったそうです。

ちょっとわけがわからないですよね? 普通なら、何度も挫折しそうな話なのですが「当時不安はありませんでしたか?」という質問に対して、喜多郎さんは「いや、不安というよりも、自分のなかではもう期待の方が強かったですね」と答えています。

結果的に、そういった苦難を乗り越え、NHKのドキュメンタリー番組「シルクロード」の音楽を手掛けたことで一躍有名になったのですが、天職で大きな成功を収めるには、理屈では説明できない心を突き動かされるような何かが必要なのかもしれませんね。

(参考文献・音声CD ダントツ企業オーディオセミナー 世界の頂点に立つ日本人アーティストの思考習慣 神田昌典・喜多郎著)

3.天職を見つける7つの質問

天職を見つける7つの質問

この章ではいよいよ天職を見つけるための7つの質問を紹介します。

各項目について最低5つは書き出すようにしてください。コツとしては、「無理そうだなぁ、とか、できそうにないなぁ」といった制限をもうけずに、気楽な気持ちで書きだすことです。1回では十分に書き出せないこともあるので、できれば半年に1回など、思い出したときにでもいいので、何度か続けるとより効果的です。

(1)あなたの、好きなことは? または子供の頃の夢や、好きだったものは何ですか?
(2)あなたが、もっとも多く時間をかけてきたことや、得意なことは何ですか?
(3)あなたが、新しくやってみたいこと、チャレンジしたいことは何ですか?
(4)あなたが、もしあと3年しか生きられないなら、どんな仕事をしますか?
(5)あなたは、人からどんな性格だと言われますか? 何が向いていると言われますか?
(6)あなたは、どんなことで感動しますか? 一番感動した出来事は何ですか?
(7)あなたが、克服してきた悩み、解決したい悩みやコンプレックスはありますか?

4.なかなか天職が見つからない人の5つの特徴

なかなか天職が見つからない人にも、いくつか特徴があるようです。ここでは、天職が見つからない人に多い5つの特徴を紹介します。

(1)日頃のストレスが多く、メンタルに問題がある
日頃のストレスやメンタル的な不安はありませんか? 天職を見つけるには、他人や世間に左右されることなく、自分の気持ちを真正面から見つめる必要があります。そのため、日頃のストレスが多く、メンタル的に不安定だと、天職であるかどうかを感じ取りづらいようです。
(2)天職を探す意識がつよすぎる
天職と出会うのにもタイミングがあり、準備が十分でない場合は、いくら探してもムダなことがあります。今がタイミングかどうかについても、自分の心としっかり向き合って、ぜひ考えて(感じて)みてくださいね。くれぐれも、自分探しという名のワナやその無限ループにはご注意を。
(3)目の前のことをおろそかにしている
天職を含め、色々な人生のチャンスは人が運んでくることが多いですよね? そのため、目の前のこと(特に仕事)をおろそかにしていると、チャンスをもらえず、天職にたどり着けないこともあるようです。常に全力、そんな人の方が天職にたどり着きやすいようですね。
(4)稼ぎづらい仕事や世間から認められていない仕事で一歩が踏み出せない
天職を見つけたとしても、稼ぎづらい仕事だったり、世間から認められてない仕事だったりした場合、どうしても一歩踏み出せない。そんなケースも多いようです。これは難しい問題ですが、この場合、できる限り無理のない形で、勇気をだして一歩を踏み出すしかないように感じます。
(5)行動や経験が不足している
あなたは、やりたいこと、やってみたいと感じることに、チャレンジしていますか? 「あまり行動できてないなぁ」なんて感じるかたは、ぜひ色々なことにチャレンジしてくださいね。特に、失敗に対する恐れが強く、完璧主義が原因で、なかなか行動できない人も多いようです。

今は昔とちがい、いろいろな生き方があります。そんな時代ですので、天職を探しているうちに、いつのまにか道に迷って、“自分探し”を始めてしまう方もいらっしゃいます。この記事では、多くの経営者に自分探しの方法をお伝えしてきた著者が、自分探しについてくわしく解説しています。おわりのない自分探しの旅に出る前に、ぜひ一読ください。

自分探しの旅には出るな! 自分が見つかる心理テストと解説
自分探しとは、「私の人生って、この生き方でいいのだろうか?」と悩み、正解を探すことです。今は昔とちがい、いろいろな生き方があります。「大企業に入社すれば一生安泰」という時代ではありません。生き方に悩む人が多いのも当然ですよね。この記事では、多くの...

5.天職診断よりも効果的|自分の才能や強みから天職を見つけるには

ネットで天職診断を提供しているサイトもあるようです。私自身、色々な天職診断を試してみました。いくつかの質問にこたえることで、診断結果が表示されるような、カンタンなものが多く、今のところオススメの天職診断サイトは見つかっていません。そこで、私のおすすめは次の本です。


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス (著), 古屋博子 (翻訳)

この本のメインは、内容よりも特典にあります。この本の購入者は、特典として才能や強みの発見する診断テストが受けられるのです。診断テストは、177の質問からなる本格的なもので、ネットを通じて受ける形になっています。

ちなみに、私の結果・強みは「学習欲、成長促進、調和性、内省、責任感」でした。それぞれの才能や強みについての詳しい解説があり、そこから天職のヒントが得られます。

ただし、この本は古本ではなく、必ず新品を買うようにしてくださいね。診断テストは、本1冊あたり1回限り。古本の場合、診断テストを受けるためのコードが使用済みで、診断テストを受けることができません。くれぐれもご注意くださいね。

6.私自身、どうやって天職に導かれたのか?

最後に私自身の天職の話をしますね。私が小学5年生のときです。親がパソコンを買ってくれました。当時で10万円くらい。小学生のおもちゃにしてはかなり高額。親も、きっと将来にやくだつと思ったのでしょう。

実際、私はパソコンにのめりこみました。小学生なのに自分でプログラミングをして、ゲームを作っていました。このときから、うすうす自分の天職はパソコンに関することだな、と感じていたように思います。

そして、そのまま高校、大学と情報処理科に進み、地元のコンピュータのソフト開発会社に就職。ここまでは、天職という意味では順調です。実際に仕事でも、パソコンがすごく得意で、会社からも即戦力として、良い評価をもらっていました。

しかし、仕事はキツく、残業ばかり。入社して5年くらい経ったころ「疲れた…。この仕事を一生続けていくの? もう会社を辞めたい…。」そんな思いが頭から離れなくなりました。そして、丁度30歳になったとき、悩んだ末に仕事を辞めました。このときは、パソコンの仕事が天職かどうか、よくわからなくなっていました。

6-1.天職がわからなくなり、とりあえず家業を手伝うのだが…

その後、親のすすめもあり、実家の仕事、小さな電気工事店を手伝いはじめました。電気工事の仕事が天職だとは感じられませんでした。それでも、やりだすと結構おもしろくなり、2年ほどで新築の家の電気工事を、私一人でまかされるようなりました。

それから、さらに仕事を覚え、役所の仕事や公共工事なども、まかされるようになりました。そして、この頃からです。「このままこの仕事を一生続けていくの? もっと自分にピッタリの仕事があるんじゃないの?」そんな疑問がわいてきました。

悩みましたが、ここで転職という決断はできませんでした。そこで私は、夜や週末などの空いた時間を使って、副業として、特技のパソコンを使ったビジネスをやりだしたのです。しかし、そんなカンタンにうまくいくハズもありません。

ひたすらチャレンジし続けました。パソコンのソフトを作って売ろうとしたり、特許を申請したり、流行の情報販売などなど。たくさんの失敗を経験し、やっとアフィリエイトで収入が得られるようになりました。

前の会社、ソフト会社で身につけた、ホームページを作るスキルが活きました。アフィリエイト用のホームページをどんどん作り、およそ半年後には月30万ほどの収入が得られるようになっていました。

※さらにくわしい、わたしの起業までのいきさつについて読みたい方は、「独立起業の秘密|経験者の私が、失敗しない方法を教えます!」をぜひお読みください。特に、本気で独立起業を考えている方は、この記事を読まずに独立してはいけません。起業に関する小さな不安からさまざま悩みまで、経験者のわたしが疑問に答えています。

独立起業の秘密|経験者の私が、失敗しない方法を教えます!
「独立起業をすると、上司から命令される事こともなく、自由で良さそうだよな……」あなたは、そうに感じたことはありませんか?私自身、独立起業して5年以上経っていますが、独立起業には、たくさんのメリットがあると感じています。当然、デメリットもあります。次...

6-2.結局私にとっての天職とは何なのか?

結局、パソコンを使った副業を始めて約6年後、電気工事の仕事をやめ、独立起業しました。はたして、私にとってパソコンの仕事は天職なのでしょうか? もちろん、そうだと思いますが、天職は完全に決まっているわけではなく、その人の状況により、移り変わっていくようです。

今振り返ると、天職とは関係さなそうな、電気工事の仕事をしたことにも、意味があったように感じるのです。ちなみに、アップル・コンピュータの創業者であるスティーブ・ジョブズは次のように言っています。

すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

結局のところ、まず可能性のある仕事に打ち込んで、好きになる努力をしてみる。それでもダメなら、あきらめずに次を探す。そうしているうちにきっと、天職にめぐり合えるハズです。なぜなら、もし、天職が必ずあるのなら、きっと天職の方でも、あなたに見つけてもらうタイミングを、今か今かと待ち焦がれているハズですので。

なお、天職をしているときのことを「仕事で自己実現した状態」と言います。

「自己実現」とは、自分らしく生きることです。でも、どうすれば自分らしく生きられるのか、分かりませんよね。そこで、この記事では、多くの経営者に、自己実現の方法を教えてきたコンサルタントが、その方法を解説します。詳細はクリックしてお読みください。

自己実現で悩む人への処方箋|意味や理論や例も解説します!
「自己実現とはなにか?」その答えを一言で表すなら、「自分らしく生きること」。しかし、次に「じゃあ、自分らしく生きるってどういうこと?」という疑問が生まれますよね。この記事では、多くの経営者に、自己実現の方法を教えてきたコンサルタントの私が、自己実...

儲かる仕事をしている人は、実は自分の好きなことや特技で稼いでいる人が多いです。まさに天職ですね。以下の記事では儲かる仕事に就く人が持っている考え方の秘密をお伝えしています。天職を見つけて儲けたいと思う人はぜひ参考にして下さい。

儲かる仕事をする人の考え方|起業・正社員・副業にも適応
「がんばっているつもりなのに給料が上がらない」「今よりもっと短い労働時間で儲かる仕事に就きたい」と思っていませんか? どうせ仕事をするなら、短い時間でガッポリ儲かる仕事をしたいですよね。とはいえ、そんな仕事に就くためにはなにをすればいいのでしょう...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加