アンソニー・ロビンズとは? セミナーや本、DVDの評判

アンソニー・ロビンズとは? セミナーや本、CD、DVDの評判

もしあなたが、自己啓発のセミナーが好きなら、アンソニー・ロビンズというコーチについて聞いたことがあるかもしれません。そして、彼のセミナーや本、CD、DVDの評判が気になっているかもしれませんね。

私は過去に、アンソニー・ロビンズの海外のセミナーに複数回参加しました。そして、彼の本はもちろん、彼の英語のCDやDVDも買ったことがあり、アンソニー・ロビンズについて、私はかなりよく知っています。

この記事では、私の体験や周りの声をふまえて、中立的にアンソニー・ロビンズについてご紹介しようと思います。アンソニー・ロビンズに興味がある方はぜひ、最後までお付き合いください。

目次 〜アンソニー・ロビンズのセミナーや本の評判〜

1.アンソニー・ロビンズとは? Wikiより分かりやすく説明

2.アンソニー・ロビンズから学んで役に立つの?

3.アンソニー・ロビンズの評判

4.騙された、胡散臭い、洗脳という評判が多い理由

5.アンソニー・ロビンズより心理学

1.アンソニー・ロビンズとは? Wikiより分かりやすく説明

アンソニー・ロビンズとは? Wikiより分かりやすく説明

引用元:Alison Smith

アンソニー・ロビンズは、アメリカで最も経済的に成功したコーチであり、自己啓発の講師です。2007年の彼の年収は36億円(3000万ドル)とのことで、フォーブス誌の「セレブ100」に選ばれました。

アンソニー・ロビンズは、1960年2月29日に生まれます。7歳の時に両親が離婚。経済的にめぐまれず、大学への進学をあきらめます。その後、ジム・ローンという自己啓発の講演家であり、ネットワークビジネスの成功者のもとでセールスマンとして働きはじめます。

アンソニー・ロビンズは、ジム・ローンのセミナーをたくさん売り、トップセールスになります。次に、NLPという心理学の創設者であるジョン・グリンダーとともに、コーチングのビジネスをはじめます。

その後、1983年に、燃えた炭火の上を素足で歩くという「火渡り」セミナーを開催。さらには、テレビショッピングを使って自分のCD教材をトータル3500万セット以上売り、資産を築きました。

現在の彼の収入源は、料金が100万円〜200万円くらいの高額なセミナーだと思われます(彼の高額セミナーには、数千人が参加します)。

1-2.TEDの動画「何が人を動かすのか」について

アンソニー・ロビンズの特徴として、プレゼンテーションが上手いということが上げられます。そして、とにかく早口です(笑)。

彼はTEDと呼ばれる講演会で、「何が人を動かすのか」というテーマで話をしています。

この動画で、彼は「シックス・ヒューマン・ニーズ」という彼の仮説などを話しています。再生回数は1000万回を超えます。

2.アンソニー・ロビンズから学んで役に立つの?

アンソニー・ロビンズから学んで役に立つの?

さて、どういう人がアンソニー・ロビンズから学んだ方がいいのでしょうか? 逆に、どういう人はアンソニー・ロビンズから学ばない方がいいのでしょうか? この章では、私の本音をお話しましょう。

2-1.アンソニー・ロビンズから学ぶといい人

結論から申し上げます。アンソニー・ロビンズから学んだ方がいい人は、講演家やセミナービジネス、情報を売るビジネス(情報起業)をしている人です。

彼はセミナーで参加者を巻き込んでいくのがとてもうまく、前述のTEDの動画でもそれは見てとれます。講演家の人はぜひご覧になってみてください。

また、彼のセミナーは、参加者に大声で叫ばせたり踊らせたりして興奮状態にすることで有名です。しかも、セミナーの場で、料金が100万円以上するセミナーを何百人にも売り、1回のセミナーで数億円を稼いでいます。

こういったセールスの方法は、(洗脳やマインドコントロールという評判もありますが、)セミナービジネスをしている人にとっては参考になるはずです。

また、3万円くらいの自分のCD教材を、トータル3500万本、つまり1兆円くらい売ってきた人物なので、情報を売るビジネスをしている人にとってはこれ以上ないお手本となるでしょう。

2-2.アンソニー・ロビンズから学ばない方がいい人

逆にアンソニー・ロビンズから学ばない方がいい人は、人生を変えたいと思っている人や、やる気が出ないと悩んでいる人です。あとは、自己啓発が大好きな自己啓発オタクと呼ばれるような人も学ばないほうがいいでしょう。

なぜなら、アンソニー・ロビンズが教えている内容は、彼の仮説にすぎず、データの裏付けがないからです。最近は心理学の発展がめざましく、どうすれば目標達成しやすいのか、やる気が出るのか、研究であきらかになっています。

たとえば、ポジティブ思考だと、目標達成しにくいことが、最新の心理学では分かっています(くわしく知りたい場合は、『成功するにはポジティブ思考を捨てなさい』などの本を読んでみてください)。

それにも関わらず、アンソニー・ロビンズは自説を曲げず、ポジティブ思考の大事さを説いています。これでは、アンソニー・ロビンズの言うとおりに行動するほど目標達成できる確率が下がってしまいます。

3.アンソニー・ロビンズの評判


さて、多くの人がもっとも関心があるのはこの章でしょう。「アンソニー・ロビンズのセミナーや本、CDやDVDは、実際のところ効果があるのか?」と。

この章では、私の体験談はもちろん、セミナーで知り合った参加者の人生がどう変わったのか、ご紹介します。

3-1.怪しいと言われるセミナーの評判

アンソニー・ロビンズの代名詞と呼ばれる自己啓発セミナー。「百聞は一見にしかず」ということで、実際の彼のセミナーの様子を見てみてください。

これは、UPWという4日間で10万円ほどの料金のセミナーで、彼のセミナーの中でも最も低価格なもの。

見てもわかるとおり、おそらく5千〜1万人くらいの参加者がいます。ロックコンサートのようなノリで、観客が飛び跳ね、叫んでいますね(笑)。

なぜ、アンソニー・ロビンズは参加者を歌わせたり、踊らせたりしているかというと、催眠状態にして、100万円以上する高額セミナーを販売するためです。つまり催眠商法と同じ手法ですね。

これはカルト宗教などの手法なので悪用しないでほしいのですが、人間は感情を強く出したり、身体を思いっきり動かすと、理性のコントロールが弱くなるという特徴があります。その結果、催眠状態になると、普段では絶対に買わないような高額なものを買ってしまうのですね。

3-2.名言が多い(?)本の評判

この記事を書くために、アンソニー・ロビンズが書いた本は、原書も翻訳書も全部目を通してみました。が、しっかりと実験を行って、「こういう方法をすると、こうなる確率が高い」というように、データの裏付けがある本は1冊もありませんでした。

ただ、名言は数多くあり、「人は、1年でできることを過大評価し、10年でできることを過小評価する」など、「なるほど」と思うような表現はありました。

私はコンサルタントなので、今まで多くのクライアントを見てきましたが、人生が変わらない人ほどこうした名言にイチイチ感動する傾向があると感じています。たとえ感動したところで、明日になれば忘れているというのに。

もし、本当に人生を変えたいのであれば、アンソニー・ロビンズにかぎらず、感動する名言が多い本を読むのはやめましょう。実験にもとづいて、結果が出る確率が高くなる方法を教えてくれる本を読むといいでしょう。

前述した、『成功するにはポジティブ思考を捨てなさい』などは、しっかりと実験をおこなっているという点で、かなりの良書です。ぜひ読んでみてください。

3-3.NLPを使ったCD、DVD教材の評判

アンソニー・ロビンズは、元々NLPのセミナー講師だっただけあって、NLPのテクニックがとてもうまい。それは彼のCD、DVD教材でも伝わってきます。3万円前後と結構なお値段ですが、英語がわかるのであれば講演家にはおすすめです。

ただ……私も昔、アンソニー・ロビンズの英語のCDやDVD教材を買ったことがあるのでわかりますが、その感想は本と同じです。彼の思い込みや仮説を話したものばかりで、データの裏付けがない理論ばかり。おすすめできるものはありません。

とはいえ、話はうまく、感動するものが多いことは事実。ただし、感動するだけなら、日本テレビの『人生が変わる1分間の深イイ話』を見ていた方がいいと思います(笑)。

もしCDで学びたいなら、私のおすすめは、アマゾンの子会社であるオーディブルを利用すること。オーディオブックというのですが、ビジネス書をそのまま音声にしたものが月額1500円で聴き放題です。

オーディブル ビジネス書カテゴリー

オーディブル 自己啓発カテゴリー

3-4.プラチナパートナーという制度について

アンソニー・ロビンズの弟子らしい人が「私はアンソニー・ロビンズのプラチナパートナーです」と言っていたりします。このプラチナパートナーとは何でしょうか?

プラチナパートナーとは、カンタンにいうと、「年間1000万円くらい払って、アンソニー・ロビンズのセミナーに1年間行き放題になる制度」のことです。ディズニーランドに行き放題になる、「年間パスポート」と同じようなものですね。

アンソニー・ロビンズのセミナーは高額なので、毎月セミナーに行っていれば元が取れる、というわけです。

なお、プラチナパートナーという名前の制度ですが、アンソニー・ロビンズのビジネスパートナーになれるというわけではなく、お金さえ払えば誰でも買える権利となっています。

4.騙された、胡散臭い、洗脳という評判が多い理由

騙された、胡散臭い、洗脳という評判が多い理由

Googleなどの検索エンジンで、アンソニー・ロビンズと入力すると、一緒に「騙された」とか「胡散臭い」とか「洗脳」というキーワードが表示されます。これは、こういったキーワードで検索している人が多いから、ですよね。

では、なぜそう感じる人が多いのでしょうか? それはここまで読んでいただければわかると思いますが、彼が洗脳の手法を使ってセミナーをしているため、結果が出る参加者が少ないためでしょう。

結果が出る人が少ないということは、お客様の声を見れば分かります。「アンソニー・ロビンズのセミナーはすごかった。感動した。」というお客様の声はありますが、「アンソニー・ロビンズのセミナーで、収入が何倍にも上がった」というお客様の声はほとんどありません(少なくとも私は見たことがありません)。

アンソニー・ロビンズのセミナーで、一時的な高揚感は得られても、人生が変わらないことの証明と言えるでしょう。

また、胡散臭いと感じるのは、アンソニー・ロビンズが、有名人の指導をしたという話もあるでしょう。彼が指導をしたとされる有名人には、ネルソン・マンデラや、ビル・クリントン、マザー・テレサ、ダライ・ラマ14世などとされています。

しかし、私はアンソニー・ロビンズがそれらの有名人を指導した映像を見たことがありません。アンソニー・ロビンズとそれらの有名人が一緒に握手をしている映像なら見たことがありますが、あんなものはお金さえ払えば撮らせてくれます。

これはあくまで私の意見ですが、アンソニー・ロビンズがマザー・テレサやダライ・ラマ14世の指導をしたとは考えにくい。むしろ、アンソニー・ロビンズがお金を払って、マザー・テレサやダライ・ラマ14世の名前を借りている可能性がかぎりなく高いでしょう。

オウム真理教の元教祖、麻原彰晃が「お布施(ふせ)」として1億円を払って、ダライ・ラマ14世から推薦文をもらっていましたよね? あれと同じで、1億円くらい払えば、有名人であっても名前を貸してくれたり、推薦文くらい書いてくれるものです。

これは推測の域を出ませんが、なぜ社会的な偉業を何もなしとげてもいないアンソニー・ロビンズに、大統領などの有名人が教えを求めないといけないのでしょうか? 頭の良い人であれば、疑問に感じるのが普通ではないでしょうか。

5.アンソニー・ロビンズより心理学

この記事を通して、繰り返しお伝えしてきましたが、今は心理学がとても発展しています。アンソニー・ロビンズが世の中で有名になった20〜30年くらい前と違って、「こういう行動をとれば、目標達成しやすい」という心理学のデータがたくさんあります。

もし、あなたが人生を変えたければ、アンソニー・ロビンズが話す、一時的に感動するような話ではなく、最新の心理学の本を読む方がよっぽど有益だと思います。

ぜひ、色々な心理学書を手にとって頂けたらと思います。なお、紹介するに値する心理学書については、こちらの記事の第4章をご覧ください。人生の悩み、恋愛の悩み、ビジネスの売上アップ……と、いろいろな人向けの心理学の本を合計11冊紹介しています。

どれもとてもパワフルな本ばかりですので、おすすめです。

心理学の本のおすすめ12選|初心者にもわかる選び方・読み方・勉強の仕方
心理学に興味を持ち始めて、とりあえず本でも読んでみようかなと思ったけれど、どれを選んだらいいか迷っていませんか? ここで紹介する記事を読むと、心理学の本を手に取ってみたくなります。私は心理学の本を読み始めたころは、人との関係がラクになって、本で学...

また、どうしても自己啓発の本を読みたいという方の場合、こちらの記事で私のとっておきの自己啓発本を3冊、ご紹介しています。のべ3000冊以上の本を読んできた私の、おすすめ本トップ3はこんな本です。

自己啓発本が役に立たない本当の理由|正しく血肉にする方法
自己啓発本と聞くと、その印象は2つにわかれるようです。10〜20代の若い方は、自己啓発本に対して、「やる気を出してくれて、元気にしてくれる本!」という印象があるようです。一方で、30代以降の方は、「たしかに良いことは書いてあるんだけど、実際のビジネスの...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加