フランクリンコヴィーとは? 『7つの習慣』の評判も解説

フランクリンコヴィーとは? 『7つの習慣』の評判も解説

フランクリンコヴィーとは、累計発行部数が全世界で3000万部の『7つの習慣』の著者であるスティーブン・R・コヴィー氏が設立したコヴィー・リーダーシップ・センターと、手帳などを販売するフランクリン・クエスト社が合併してできた会社です。

「『7つの習慣』や手帳についてはなんとなく聞いたことあるけど……どんな会社なんだろう?」と思われるかたは多いようですね。

この記事では、『7つの習慣』を実践していて、フランクリンコヴィー社と同じ業界でビジネスをしている私が、消費者目線では気づかない視点をいれながら、フランクリンコヴィー社を正しく理解できるように解説いたします。

記事を読めば、フランクリンコヴィー社についての疑問が解消されて、何を学べばいいのかが明らかになります。

また、本記事はフランクリンコヴィー社のメインのコンテンツである『7つの習慣』については、スペースの都合のため、くわしく触れていません。以下の記事の第3章では、本の内容まで無料ですべて公開しています。今すぐご覧ください。

『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!のイメージ画像『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!
日本全国どこの本屋に行ってもビジネス書コーナーで必ずみかける名著『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』(以下、『7つの習慣』)。あなたも表紙くらい一度は見たことがあるでしょう。とはいえ、『7つの習慣』は知名度とはウラハラに、内容についてはくわしく知らない...

目次 〜フランクリンコヴィーとは? 手帳についても解説〜

1.フランクリンコヴィージャパン社とは? 会社概要と評判

2.フランクリンコヴィー手帳とは? 使い方も解説

3.フランクリンコヴィー社のセミナーの詳細

4.フランクリンコヴィー社の『7つの習慣』について

5.フランクリンコヴィー社よりも安い自己投資

1.フランクリンコヴィージャパン社とは? 会社概要と評判

1.フランクリンコヴィージャパン社とは? 会社概要と評判

フランクリンコヴィー社とは、1997年に2つの会社が合併して誕生した企業です。

1つは、日本国内でも200万部のベストセラーである『7つの習慣』の著者であるスティーブン・R・コヴィー氏が設立したコヴィー・リーダーシップ・センター。

そしてもう一方は、アメリカ独立宣言の時に活躍した政治家であるベンジャミン・フランクリンの教えを広める、フランクリン・クエスト社です。従業員は、全世界で1500名、46の営業所があり、147カ国でサービスを提供しています。

転職就職リサーチサイトの「VORKERS」によると、フランクリンコヴィー社は、セールス分野の評価だけが異様に高く、ほかの分野への評価は低めとなっています。

つまり、ゴリゴリのセールスをやる営業部隊に配属された社員のみ収入と仕事への満足度が高く、ほかの分野のスタッフは、会社に対してそれほど満足していないようですね……。

日本での展開をになうフランクリンコヴィージャパン社は、1998年に設立されました。初代社長は、「成功の9ステップ」という自己啓発セミナーで有名なジェームス・スキナー氏です。

ジェームス・スキナー氏は、フランクリンコヴィージャパン社を立ち上げる前に、アメリカから『7つの習慣』を持ち込んだ張本人。『7つの習慣』のセミナーインストラクターもやっていましたね。

以下の記事はジェームス・スキナーの高額セミナーに参加したり、本を読んで人生がどん底に落ち、悲しみにくれた経験がある筆者が書いています。ジェームス・スキナーのオモテには決して現れることのない、真実を告白していますので、今すぐに確認してください。

ジェームス・スキナーの正体|詐欺や洗脳の噂の真相を暴露のイメージ画像ジェームス・スキナーのセミナーやCDには効果あるかを検証
自己啓発にハマるといつかは必ず名前を聞くことになるのが、ジェームス・スキナーです。海外のかたということもあって、何かと目立つ存在ですね。しかしながら、知らない人にとってはナゾの人物であることは間違いありません。あなたも、「本を出したり、CD教材を出...

1-1.同社の商品で学ぶメリット/デメリット

フランクリンコヴィー社のセミナーやコンテンツで学ぶメリットは、『7つの習慣』の原則をより深く身につけられること。

『7つの習慣』は、「フォーブス」「プレジデント」「ダイヤモンド」といった有名なビジネス誌でも評価されていて、そこいらの自己啓発本とは違います。あなたの人生を長期間にわたって変化させてくれる知恵を得られます! 

逆にデメリットですが、セミナーなどは比較的高額だということ。お金に余裕がある人は参加してもよいと思いますが、基本的には『7つの習慣』の本で学び実践することを優先しましょう。

また、本を読み慣れていないかたには、マンガ版もオススメしておきます。記事の後半で、本とマンガをご紹介していますので、このまま読みすすめてください。

1-2.同社の商品がおすすめの人/おすすめでない人

1-2.同社の商品がおすすめの人/おすすめでない人

フランクリンコヴィー社の商品がおすすめな人は、目先の結果でなく、長期的に変化をおこし続けたいという人ですね。創業者のスティーブン・R・コヴィー氏は、成功の定義を「得たい成果を得続けること」としています。

そういうわけで、おすすめでない人は、とにかく短期的な利益だけを追い求めるノウハウにしか興味がない人。こういう人は、“ノウハウコレクター”となり、一発屋で終わるか、お金だけ浪費して得たい成果を一切得ることができない、という未来が確定している……といっても、過言ではないでしょう。

2.フランクリンコヴィー手帳とは? 使い方も解説

2.フランクリンコヴィー手帳とは? 使い方も解説

『フランクリン・プランナー』とは、もともとフランクリン・クエスト社の商品。さらに元をたどれば、ベンジャミン・フランクリンの本人の理想の価値観を実現するためにつくられた手帳でした。その後、コヴィー・リーダーシップ・センターで販売されていた『コヴィー手帳』のコンセプトを取り入れて、現在のカタチとなったのです。

現在ではフランクリンコヴィー社より、フランクリン・プランナー・ジャパンがプランナー事業を引き継いでいます。

『フランクリン・プランナー』は、フランクリン・プランナー社のホームページや、Amazonなどでも買うことができます。

以下に『フランクリン・プランナー』についてまとめましたので、ご覧ください。

価格 スターターキットは、8700〜14500円(税別)。サイズによって価格が変わる
メリット 『7つの習慣』を実践するには最適なツール
デメリット 完璧に使いこなそうとすると、労力が大きく持ち運びにくい
ほかの手帳との違い スケジュール管理だけでなく、ミッションや価値観、目標なども管理できる

つかい方は、価値観、ビジョンを定め、目標を設定し、月間、週間、デイリーのタスクに落としこむといった方法です。とはいえ、一律に決まっているわけではなく、あなたの目的にあわせてさまざまなつかい方ができます。

プロジェクトやタスク、会議などを管理できるオプションのフォームも充実しており、『7つの習慣』を突きつめたい人にも、どんなものか使ってみたい人にも、柔軟に対応できるようになっていますね。

3.フランクリンコヴィー社のセミナーの詳細

3.フランクリンコヴィー社のセミナーの詳細

フランクリンコヴィー社のセミナーは、主なもので13種類。受講料や期間、内容もまちまちです。この章では、フランクリンコヴィー社で提供しているセミナーをひと目で把握できるように、次にまとめました。あなたの目的や現状にあっているのか、チェックしたい時にご活用ください。

セミナー 受講料/期間 内容
7つの習慣®シリーズ 9万7千円〜12万円/2〜3日間 『7つの習慣』の応用と実践
ビジョナリー・ウーマン® 3万5千円/1日間 女性の自立
ディスカバリー 3万5千円〜5万5千円/1〜2日間 新入社員研修
5つの選択® 4万7千円〜9万円/1〜2日間 パーソナルマネジメント
第8の習慣®リーダーシップ 10万円/2日間 リーダーシップ
リーダーの4つの役割® 9万7千円/2日間 リーダーシップ
4Dxゴール・アライメント 4万円/1日間 実行力の向上
スピード・オブ・トラスト 4万円〜9万7千円/1〜2日間 信頼関係の強化
プライオリティ® 4万円/1日間 個人の生産性向上
プランニング・クエスト® 8万7千円/2日間 組織の生産性向上
ビジネス・シンク 9万円/2日間 プロジェクトマネジメント
社内ファシリテーター養成 10万円〜35万円/2〜7日間 ファシリテーター養成
ヘルピング・クライアンツ・サクシード 10万4千円/2日間 セールス

フランクリンコヴィー社のセミナーは、いわゆる「自己啓発セミナー」に分類できます。ですので、フランクリンコヴィー社のセミナーがあなたに合うかどうかを判断するためには、自己啓発セミナー業界のことをよく知っておく必要があります。

そこで、以下に自己啓発セミナーについてわかりやすくまとめました。今まで誰にも話してこなかった、自己啓発セミナーにハマって地獄を見た恐ろしい体験談も公開してます。すぐにご覧ください。

自己啓発セミナーを正しく理解できる!くわしい解説6つのイメージ画像自己啓発セミナーを正しく理解できる!くわしい解説6つ
「自己啓発セミナー」と聞くと、あなたはどんなイメージを浮かべるでしょうか? Googleで「自己啓発セミナー」を検索すると、ネガティブな書き込みをたくさん目にすることができます。「洗脳」、「借金」、「依存」……どれも目にするだけで気分が悪くなる言葉ですね。...

4.フランクリンコヴィー社の『7つの習慣』について

4.フランクリンコヴィー社の『7つの習慣』について

引用元:『7つの習慣』とほぼ日手帳WEEKS。- 日刊バタメモバイル

『7つの習慣』は、前述のとおり全世界で発行部数3000万部、日本国内でも200万部のロングセラーとなっているスティーブン・R・コヴィー氏の名著。

原書はアメリカで1989年に、日本では1996年にジェームス・スキナーと川西茂氏によって翻訳されています。その後、2014年に原著発売25周年ということで、フランクリンコヴィー・ジャパン社によって、完訳版が出版されました。さらに、2016年には、日本語訳出版20周年ということで、キャンペーンが開催されました。

完訳7つの習慣 25周年記念版

完訳7つの習慣 25周年記念版
スティーブン・R・コヴィー (著), フランクリン・コヴィー・ジャパン (翻訳)

「フォーブス」「プレジデント」「ダイヤモンド」など、有力雑誌がそろってとりあげるほど、ビジネスパーソンの間でも名著として読みつがれています。

『7つの習慣』の内容については、長くなりますのでこの記事では書けません。しかしながら、以下の記事の第3章に本の内容をまとめておきました。今すぐ無料で学んで『7つの習慣』が、なぜ時の風化にたえて、多くのビジネスパーソンに支持されているのか、実感してください。

『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!のイメージ画像『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!
日本全国どこの本屋に行ってもビジネス書コーナーで必ずみかける名著『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』(以下、『7つの習慣』)。あなたも表紙くらい一度は見たことがあるでしょう。とはいえ、『7つの習慣』は知名度とはウラハラに、内容についてはくわしく知らない...

また、『7つの習慣』にはマンガ版も出ています。気軽に読みたい方はこちらもどうぞ。

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣
フランクリン・コヴィー・ジャパン (監修)

5.フランクリンコヴィー社よりも安い自己投資

さて、フランクリンコヴィー社について、ご理解いただけましたか? 本格的に学ぶには、高額なセミナーに参加する必要があります。とはいえ、私はあなたにまず前章で紹介した『7つの習慣』を記事や本で学ぶことをオススメします。本や記事だけでも、実践するには十分な情報が得られるからです。

『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!のイメージ画像『7つの習慣』を徹底解説|要約や感想もすべて無料で公開!
日本全国どこの本屋に行ってもビジネス書コーナーで必ずみかける名著『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』(以下、『7つの習慣』)。あなたも表紙くらい一度は見たことがあるでしょう。とはいえ、『7つの習慣』は知名度とはウラハラに、内容についてはくわしく知らない...

もしくは、フランクリンコヴィー社のセミナーと同じくらいあなたに役立つ学びとして、以下の記事でアドラー心理学を学ぶこともオススメです。2013年に出版され空前のベストセラーとなった『嫌われる勇気』でもなじみがありますが、こちらの記事では無料で本の内容も含めて学ぶことができますのでとても有益です。

日本一わかりやすいアドラー心理学の説明|理論から本まで解説のイメージ画像日本一カンタンなアドラー心理学の説明|理論から本まで解説
アドラー心理学とは、心理学者アルフレッド・アドラーの思想からはじまり、後を引き継いだ人たちが、発展させた心理学です。日本では、2013年の『嫌われる勇気』の出版やテレビでの紹介により、多くの人に知られるようになりました。正式な名称は「個人心理学」と言...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加