人を好きになれない心理や原因|トラウマ、病気、理由を探る

人を好きになれない心理や原因|トラウマ、病気、理由を探るのイメージ画像

「なぜか人を好きになれないんです」という相談をよく受けます。くわしく話をきいてみると、他人に対して思いやりをもったり、恋愛感情をもったりできないそう。他人を大切にするという感覚が、いまいち理解できないと悩まれているようです。

そこで、過去に数百人の老若男女の相談を受けてきた心理カウンセラーの私が、人を好きになれない原因を徹底解説。この記事を読めば、あなたのモヤモヤはスッキリすることでしょう。

目次 〜 人を好きになれない原因を知れば恋愛上手に〜

1.人を好きになれない原因は?

2.人を好きになれないときの心理

3.人を好きになれない人のための解決策

4.これで人を好きになれる! 解決策8つ

5.人を好きになれないときに読む本

6.人を好きになれない自分を責めないで

1.人を好きになれない原因は?

1.人を好きになれない原因は?

まずは原因をさぐりましょう。人を好きになれない原因は、大きく分けると3つあります。まずはそれぞれの特徴を紹介します。

1-1.性格の問題

第一に、性格の問題。これは改善可能です。あなたがその気になれば、性格を変えることはできるからです。しかし、性格とは育ってきた環境や今の生活、人間関係によってつくられたもの。一晩でどうこうできる問題ではないということも、あわせて覚えておきましょう。

1-2.過去のトラウマ

第二に、過去のトラウマ。人はつらい出来事や、ショッキングな体験をすると、他人に心を閉ざしてしまうことがあります。いわゆる人間不信という状態です。人によっては、数年単位の長きにわたって他人との関係を断絶する人もいます。しかしこれも、本人の意思によって克服は可能です。

1-3.病気? ホルモンの影響という説もあり

そして最後に発達障害。これは脳機能の障害のひとつです。ある日突然なるものではなく、生まれたときから症状があります。知的障害をともなうことはないものの、社会生活や対人関係を営むのが難しくなります。現代医学では、治らないとされているものの、トレーニングによって症状が緩和できる場合があります。

2.人を好きになれないときの心理

2.人を好きになれないときの心理

人を好きになれない人の心理状態。これについても解説していきましょう。

2-1.認知のゆがみと発達障害

発達障害にはアスペルガー症候群やADHD、学習障害といったさまざまな種類があります。そのどれにも共通していえるのは、認知のゆがみがあるということ。その場の状況や、相手の気持ちを読み取るという理解の仕方が苦手です。または、思いつきで行動したり、頭の切り替えができなかったり。特定の作業に何度もつまずいてしまう傾向があります。

2-2.他人に対して劣等感を感じているから

人を好きになれない人の特徴として劣等感があります。劣等感とは、「自分は他人よりも劣っている」という感覚のこと。自分と他人を比較して考えるクセがついている状態です。いま自分が得ているものよりも、いま自分に足りないものを優先してかぞえる思考状態の人は、劣等感が強いといえるでしょう。

2-3.自己肯定感が低い状態だから

「今の自分は大丈夫である(価値がある)」という感覚が自己肯定感ですが、この感覚が低いほど自信を失います。自信がない状態なので、他人とのかかわりを避けます。しかし、今の自分を認めてもらいたいために、自分以外の価値観を否定する行動に出がちです。他人の努力を邪魔するのも、自己肯定感が低い人の行動の特徴といえるでしょう。

3.人を好きになれない人のための解決策

3.人を好きになれない人のための解決策

それでは、どうすれば人を好きになれるのでしょうか。ここでは重要な本質の部分を解説していきます。

3-1.人を好きになれないデメリット

最初に人を好きになれないデメリットをあげていきましょう。下記の通りです。

(1)他人に理解されない
人間は、自分を理解してくれる人を理解するという性質があります。あなたが好意的に相手に理解を示さない場合、相手もあなたに好意を持つことはないでしょう。

(2)他人からの印象が悪くなる
「あの人って、なんだか接しづらいよね」という印象を持たれます。徐々に周りから人が離れていきます。

(3)孤独になる
最悪の場合、ひとりぼっちになります。

東京都区部における性・年齢階級別の孤独死数

12年 東京都福祉保険局調べ

引用元:20~30代でもありうる「孤独死」 夏はとくに注意を – 日本経済新聞

「自分はひとりでも大丈夫!」と思っているあなた。20~30代の孤独死は、年間150件程度あります。ひとり暮らしのアパートで、突然倒れたら…。こんなに恐ろしいことはありませんね。そんなとき、あなたの異変に気付いて助けてくれる人がいたら…。もっと違う結果になることでしょう。

3-2.人を好きになれると得られるメリット

続いて、人を好きになれると得られるメリットは下記の通りです。

(1)友達や理解者が増える
人は、自分に関心を持たれると相手にも関心を持つ生き物。あなたがだれかを好きになったら、その人もあなたに好意を寄せてくれます。

(2)人気者になる
さまざまなコミュニティの輪の中心にいる人の特徴は「人」を大事にする人。他人の気持ちを尊重し、大切にできる人は人気者になれます。

(3)幸運やチャンスが増える
「社会人には人脈が大切!」といわれたりしますが、これは真実です。たったひとりとの出会いでも、人生が大きく変わることがあります。出会いが増えるほどチャンスが増えると覚えましょう。

3-3.人を好きになるには、まず自分を好きになろう

人を好きになるために最も大切なことは、自分を愛するということです。なぜなら、好きという感覚は精神的な余裕から生まれるからです。つまり、人を好きになれない人には、精神的な余裕がないのです。

精神的な余裕はどこからうまれるかというと、健全な自己愛です。「いまの自分には価値がある」という感覚を持つと、コミュニケーションに積極的になれます。この方法を次章でもっと具体的に扱いますね。

4.これで人を好きになれる! 解決策8つ

4.これで人を好きになれる! 解決策8つ

この章では、人を好きになるための具体的なアプローチを解説します。紹介する順番は、いますぐにできるもの。つまり、簡単な順に並んでいます。ぜひ上から試してみましょう。

4-1.「でも」と「だって」をやめる

「でも」と「だって」という口癖を、無意識に使っていませんか? もしそうだとしたら、一刻も早くやめましょう。それは、自分を守るための言葉です。人を好きになれない人ほど、傷つくことを恐れて他人の考え方を受け入れることができません。相手の考え方を受け入れたぶん、その人に好かれると覚えましょう。

4-2.「ありがとう」を口癖にする

他人に何かをされたら「ありがとう」といいましょう。なんだ、そんなの当たり前じゃないですか、とツッコミを受けるかもしれません。

しかし、一部の人はこれが案外できていないのです。私はカウンセラーとして相談者を見ていて感じるのですが、人から何かされることが当たり前だと思っている人ほど、悩んでいます。感謝もせずに大事にされたい。それでいて人を好きになれないなんて、たんなるわがままですね(笑)。

4-3.積極的に笑顔を見せる

あなたもきっと笑顔の多い人が好きなように、相手も一緒です。不愛想な人は人を遠ざけます。前歯を見せる練習をしましょう。上の前歯を4本チラッと見せるだけで、相手はあなたに開かれた印象を持ちます。

4-4.他人の良いところを探す

他人の欠点ばかりにフォーカスしていませんか? 他人と話すときは、その人のとった良い行動や、「いいなぁ」と思うところに注目しましょう。

4-5.他人の良いところを伝えてあげる

良いところを見つけたら、それを伝えてあげましょう。たとえば「今日のネクタイ、良い柄ですね。どうしてその柄を選んだのですか?」という具合ですね。

4-6.自分のコンプレックスを理解する

もしあなたが人を好きになれないことを深刻に悩んでいるとしたら、なんらかのコンプレックスがある可能性が高いです。過去にショッキングな出来事を体験しませんでしたか? この記事を読めば具体的な対処方法を理解できます。ぜひ読んでコンプレックスを克服しましょう。

【心理学】コンプレックスとは?|意味や原因、克服法を解説【心理学】コンプレックスとは?|意味や原因、克服法を解説
あなたはコンプレックスを抱えていませんか? 私は心理カウンセラーとして「コンプレックスを解決したいのですが…」と相談を受けることがよくあります。コンプレックスがあると、そればかりが頭に浮かんで本当に嫌な気持ちになりますよね。コンプレックスはだれしも...

4-7.自分の気持ちを素直に言葉にする

人を好きになれない人ほど、自分の気持ちを素直に表現することができません。嫌われることを恐れて本音が言えないためです。しかし、その状態ではいつまでたっても変わることはできません。「私はいま悲しい」とか「私はいま怒っている」とストレートに感情を表現してみましょう。

4-8.出会いの場を増やす

異業種交流会やお茶会に参加して、ぜひ出会いの数を増やしてみましょう。人と人との付き合いですので、相性があります。すべての人と仲良くなることはできないかもしれません。だからこそ、自分に合った人との出会いがあるように積極的にいろいろな場に飛び出してみましょう!

5.人を好きになれないときに読む本

5.人を好きになれないときに読む本


スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳)

私がこの本をオススメする最大の理由。それは学術的根拠に裏付けられた「自分を変えるノウハウ」がぎっしりと詰まっているからです。

著書はケリー・マクゴニガルさん。あのスタンフォード大学で教鞭をとる心理学者で、世界有数の経済紙『フォーブス』が選ぶ「人々をもっともインスパイアする女性20人」のひとりでもあります。つい大事なことを先延ばしにするクセがありませんか? その解決方法がまさに書いてあります。

6.人を好きになれない自分を責めないで

「人を好きになれない自分を変えたい」という思いはとてもすばらしいものです。そしてその思いが本物ならば、あなたはきっとさまざまなアクションを起こすでしょう。

しかし、その努力の過程で、自分を責めてしまう人がいます。自分を否定したり、傷つけたりするのです。
自己否定をしても、状況は何も変わりません。それどころか悪くなる一方です。大切なのは、一歩一歩前に進むこと。目の前の問題から目を背けずに、着実に前に進んでいきましょう。応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加