もう仕事したくないときの対処法|働きたくない病の克服法

もう仕事したくないときの対処法|働きたくない病の克服法のイメージ画像

もう仕事したくない、疲れちゃったな…でも、仕事しないわけにはいかないし、どうしたらいいのだろう、この状況がなんとかできればいいな、そもそもなぜこんなに仕事に行きたくないのだろう…あなたはそんなふうに思い悩んでいるのかもしれませんね。

わたしはメンタルコーチとして、あなたと同じ悩みをもたれた方の話を聴いてきました。そして、みなさん、さまざまな壁を乗り越えて、いまでは仕事をされています。

ここでは、仕事したくないと悩んでいた人たちの例を交えながら、なぜ仕事したくないのか、原因とその対処法をお伝えします。実践すれば、いま感じている仕事したくない状態から抜け出したり、仕事にやりがいを見出せたりするようになりますので、気楽に読みすすめてください。

目次 ~もう仕事したくない時の対処法|働きたくない病も~

1.「もう仕事したくない!」と感じる本当の原因

2.「もう仕事したくない」と言いたい人のケース別対処法

3.仕事したくない病に効く特効薬4つ

4.それでも仕事したくない人へのアドバイス

5.仕事したくないならしなくてもいい?

1.「もう仕事したくない!」と感じる本当の原因

1.「もう仕事したくない!」と感じる本当の原因

そもそも、なぜあなたは「もう仕事したくない」と思うようになったのでしょうか? 現在のあなたの状況を見つめ直すことで、わかってくることがあります。

まずは、今あなたが感じている「もう仕事したくない」という気持ちの原因を探してみましょう。

1-1.本当は仕事したくないわけではないのでは?

わたしのお客さまにも、仕事したくなくて悩んでいた方はいます。そして、よく話を聴いていくと、お金は稼ぎたい、稼いで好きなコトしたい、彼女に認められたい、ほかの人の役に立ちたい、達成感や充実感を味わいたいなど、仕事をすることで得られるメリットをたくさん話してくれます。

つまり、仕事自体はしたくて、あるいは、仕事をしなければならないと思ってはいるのですが、それとは別の問題によって、仕事したくないという状態になってしまっているのです。

あなたも同じような状況なのかもしれませんね。

1-2.仕事したくない原因を探ることで、解決策が見える

以前、上司とうまくいかない同僚がいました。同僚はひとつの案件に対し、じっくり向き合うタイプでしたが、上司はデータに当てはめて、数をこなしたい人でした。同僚は「ボクはこの仕事に向いていない」とよく落ち込んでいました。

しかし、1年後「時間はかかってもいいから、ひとつの案件にじっくり向き合って、キミの知見を報告してほしい」という考えの上司に代わりました。すると、同僚はみるみる成果を発揮しはじめたのです。

この場合、この仕事が自分に合っていないと思って転職していたならば、もったいないことをしてしまったわけです。

まずは、いまの自分の状態を把握することが大切です。なにが原因で、いまの状態になっているのかを確認しましょう。そして、その原因と向き合うことで、次の1歩が見えてきます。

2.「もう仕事したくない」と言いたい人のケース別対処法

2.「もう仕事したくない」と言いたい人のケース別対処法

仕事したくないという理由はさまざまでしょう。いずれにせよ、大切なのは、まずは、今あなたが感じている仕事したくないという気持ちを、受け入れることです。そのうえで、メンタルコーチの経験値から、原因として多い順番にケース別の対処法をお伝えします。

2-1.やる気が出なくて仕事したくないとき

仕事したくないと思うのは、やる気が出ないときかもしれませんね。ただ、それはいつも感じますか? それとも、一時的なことですか? もし、一時的ならば、そもそも何のために仕事をするのか、やる気が出ないときに思い出す工夫をしておくといいでしょう。

たとえば、わたしのお客さまには、仕事の目的を書いた付箋をパソコンに貼っておくことをオススメしています。また、友人は、仕事をはじめる前に、椅子に座って深呼吸をしながら目的を思い出しています。柑橘系の香りを、目的を思い出すスイッチにしている人もいます。

一方、長期的にやる気のない状態が続くなら、休むことが必要なのかもしれません。

なかなか忙しくてそれが難しいようであるならば、職場で話せる人や身近な人や専門家に相談してみましょう。そのようにして、こころとからだを休めることも大切なことです。

2-2.職場に一緒に仕事したくない人がいるとき

仕事したくないと感じたとき、よく振り返ってみると、イヤな人や自分と合わない人が思い浮かぶかもしれません。あるいは、自分はがんばっているのに、会社や上司が認めてくれないことで、仕事したくないと感じたのかもしれません。

そのときは、ちょっと勇気が必要かもしれませんが、会社の人間関係について話してもよさそうな人に話を聴いてもらったり、上司に自分の意見や気持ちを伝えてみたりしてみてください。

ただし、会社が認めてくれなくて働きたくないときは、自分でもまずは客観的に自分を評価することが大切です。あやまった自己評価はかえって自分を苦しめます。こちらの記事では、適切な自己評価のやり方を紹介しましたので読んでおいてください。

自己評価が低い人高い人|人事考課も怖くなくなる思考と行動のイメージ画像自己評価が低い人と高い人の特徴|人事考課も怖くなくなる高める方法3つ
自己評価とは、自分の内面の基準、あるいは、他人の基準との比較によって、自分の意義・価値を決めることです。また、どんな自分も受け入れて、大切にできるという、自尊心を持つという意味で用いられる場合もあります。あなたは、自己評価が低いことで悩んでいませ...

自分で自分を評価するのは難しいと感じるのであれば、仕事ぶりを知っている人に評価してもらうのも1つの方法です。そのうえで、会社や上司の評価を受け入れるのか、仕事を替えるかを決めても遅くはないでしょう。

2-3.仕事が自分に合っていないと感じているとき

2-3.仕事が自分に合っていないと感じているとき

いまの仕事をはじめる前に抱いていた理想と、働きはじめてから直面した現実のギャップがありすぎると、もう仕事したくないと強く思うでしょう。

実はもう少し続ければ、理想の状態に近づくかもしれないというときでも、今のつらい状況に身を置いていては、冷静に判断することもムズカシイですよね。特に仕事をはじめたばかりのときは、まだ自信もあるわけではないので余計そう思いやすいものです。

もし可能であれば、ほかの人に自分の仕事ぶりを評価してもらうのもいいでしょう。もしかすると、自分では思っていないような評価を受けて、実は自分に合っていることに気づくかもしれません。それでも、自分に合っていないと思うのであれば、担当や部署を替える努力をするのも1つの方法です。

わたしの友人でも、その当時の部署が自分に合わないと判断して、帰宅後、勉強したり、コツコツ上司と良好な関係を築きながら異動の依頼をしたりして、結果的に望む部署へ異動していました。

2-4.働きたくないのは鬱や病気かもと疑っているとき

仕事したくない状態でいると、こころの病気かもと思うこともあるかもしれませんね。病気なのかそうでないかを判別するのは、カンタンではありません。仕事したくなくてつらい状態が続くのであれば、専門のお医者さん(精神科、心療内科)に相談することを考えましょう。

また、うつなどのこころの病気を疑う前に、できることもあります。

わたしもそうですが、友人でも、仕事したくないなと思ったときは、緑の多い公園で散歩をしたり、落ち着いた雰囲気で仕事ができるカフェに出かけたりして、環境を変えています。

また、好きな香りや音楽を聞いて、気分を変えたり、過去にドキドキしたシーンや未来のお客さまが笑顔で感謝してくれているシーンを浮かべたりして、頭に浮かんでくるイメージや考え方を変えたりしています。

まず、気分転換できることをいろいろと試したうえで、どうしても気分がすぐれないようであれば、億劫がらずに病院で診断してもらいましょう。

日本人は、他人の目を気にして弱音を吐けない人が多いのですが、無理をしてしまうと、休職で済んだものが、退職しなくてはいけなくなったりします。

大事にならないよう十分に注意してください。

2-5.これまでニートだったから、仕事したくないとき

ニートだったのに、いきなり仕事をはじめるというのは、とても大きいことですよね。もしそう感じるのであれば、まずはカンタンなことからでいいので、何か今までとは違った行動をしてみましょう。

わたしのお客さまに、かつてニートの方がいました。その方は、ずっと家の中にいたので、外に出ることが怖くて、仕事先の面接にも臨めないでいました。

そこで、外に散歩に出たり、規則正しい生活を送るようにしたり、好きなことを始めたり、自分なりにすぐできることからはじめました。

すると、だんだん働きたい気持ちになってきて、ついには面接を受けてみごと採用され、今では、ニートのとき独学で勉強していたコンピューター関係の仕事を任されています。

3.仕事したくない病に効く特効薬4つ

3.仕事したくない病に効く特効薬4つ

仕事したくないなという気持ちが続くのはつらいですよね。そのような状態が続くと、さらにネガティブな考えが浮かんでくるし、仕事もはかどりません。ここでは、仕事したくない状態に対処する方法を、はじめやすく効果のある順番でお伝えします。

3-1.仕事したくないに効く|疲れているなら積極的に休む

仕事したくないのは、こころもからだも疲れているからです。そのときは、迷うことなく休みましょう。外に出て自然に触れたり、好きなことをしたり、スポーツしたり、温泉に行ったりして、リラックスするのもいいですね。

そして、落ち着いたらでもいいので、仕事したくなくなった日常生活や考え方のパターンを振り返ってみましょう。

仕事したくない状態になりやすいパターン

  • からだの面……睡眠不足、食事が不規則、偏食、運動不足
  • こころの面……頭の中がごちゃごちゃ、ネガティブ思考、人間関係によるストレス
  • 環境の面 ……集中できない、まわりが邪魔する人たち、なまけられる、誘惑するモノに囲まれている

わたしのお客さまに、仕事が忙しく、夜遅くまで働きすぎる方がいました。お腹も空くので、ちょこちょこ夜食もとっていたそうです。そのため、日中、頭がさえず、なぜかイライラしたり、落ち込んだり、なにか食べずにはいられなかったりして、太ってしまいました。

そうこうしているうちに、仕事したくない状態になり相談を受けました。そこで、その日のうちに寝る、食事は質と量を気にして決められた時間にとる、少しの時間でも体を動かすなど、規則正しい生活をはじめました。

そうすることで、仕事を減らすことができたり、適切な判断ができるようになったり、部下との関係が良くなったりして、以前より仕事に集中できるようになったと報告してくれました。

そのお客さまは、気分が落ち込んだなと思ったら、成功者の名言を見返していたそうです。けれども、一時的に気分が上がるものの、持続しなかったと言っていました。

このように、根本的な原因とそれを対処しなければ、いつまでたってもやる気が出ない状態がわきあがってきてしまいます。こちらの記事では現実的な対処法を紹介していますので、実践して、やる気の出やすい状態をキープしておきましょう。

やる気の心理学|やる気が出ない原因7つと対処法のすべてやる気の心理学|やる気が出ない原因7つとやる気を出す方法のすべてを解説
「やる気が出ない原因って何なのかな?」とか「やる気を出す方法を知りたい」と思っていませんか?私は経営コンサルタントとして、クライアントに行動させることにフォーカスしてきました。この記事では、私の経験を元に、「やる気が出ない原因」を7つ、よくある順...

3-2.仕事したくないに効く|自信のない時こそ話をする

仕事がうまくいかなかったり、そのことで責められてしまったり、苦手な人がいたりすると、一気に自信がなくなることってありますよね。そんなときに、自信を持つ方法として、悩んだときにだれかに相談するということがあります。

以前、わたしの同僚が、お客さまへの対応に時間をかけすぎると上司に指摘され、一気に仕事したくなくなったと話していたことがありました。

そのことを、先輩の同僚に相談したら「それはお客様の本当のニーズを引き出すためにしていることなんでしょ」と言われたそうです。おかけで、それは自分の長所であることがわかったと話していました。

そして、「上司はあなたにかなり期待しているから、彼の指摘は、あなたをステップアップさせるためのアドバイスだと思うよ」とも言ってくれたそうです。事実、上司に確認したらそのとおりだったことがわかり、ますます仕事に集中するようになったと話していました。

一人で悩んでいると、どうしてもネガティブな思考がくり返し思い出されてしまいます。それはどこかの時点で断ち切りたいものです。このように、だれかに相談することで、悩みが解消したり、自信が持てたり、新しい考えが浮かんだりします。

3-3.仕事したくないに効く|やりたいことをして解消

3-3.仕事したくないに効く|やりたいことをして解消

受身的な仕事やお金のために好きでもない仕事をしているという理由で仕事をしていると、仕事したくないと感じてしまうことがあります。

仕事したくないのは望む目的ではない、自分にあった方法ではないからかもしれません。自分に合ったやり方で目標を実現することもできます。

わたしの同僚で、人を育てることが好きな人がいます。その人は、ずっと人前に立ってスピーチすることが素晴らしいことだと思っていました。しかし、彼は内向的なので、スピーチがうまくいかないことに悩んでいました。

しかし、あるとき、彼の書いた文章を読んだ人から「あなたの書いたことをしてみたら、いままで抵抗していた子どもが、素直に話してくれたんです」と喜びの言葉をもらいました。

彼は、こういうやり方でも人を育てることができるんだということに気づいて、少し自信が持てたと言っていました。今は書く仕事をメインにしていますが、スピーチもすこしうまくなったかなと笑顔を見せてくれました。

やりたいことをする(したいと思う)ときは、いきなり正解を求めないことです。はじめてみて、少しずつ軌道修正していけばいいというくらいの気持ちからはじめるといいかもしれません。

スキルを高めたり人に会って経験値を積んだり、副業やアルバイトからはじめるのもいいでしょう。

3-4.仕事したくないに効く|やれるだけやってみよう

仕事をはじめたころはうまくいかないことが多いものです。だから、失敗をくり返してしまい、仕事したくないなと思うのは自然なことです。

また、新しいことをはじめるときに、できるかな、うまくいかなかったらどうしようと、不安が先走って、仕事したくないと思うのも自然なことです。

過去にクラスで集中的にいじめにあったことがあるお客さまがいます。その人は受付の仕事をしていますが、わからないことを聞かれたらどうしよう、クレームが来たらどうしようと、内心ビクビクしながら接客することが、いつもイヤでしかたがなかったそうです。

けれども、あるとき、年配の女性を行きたい場所まで連れて行きよろこばれたり、迷子の子どもと遊んで楽しませたりして、感謝される機会が増えていくうちに、だんだんお客さまに対してなんとかしたいという思いがわいてきて、いまではこの仕事をしていてよかった思うことが多くなりましたと報告をもらいました。

続けることでスキルや経験値がアップします。そして、小さくても成功体験を積み重ねていくことが大切です。

イヤなことは、いろいろ考えずに向き合って、早く済ませる。ご褒美や趣味の時間も取り入れながら取り組んでいくのもいいですね。

4.それでも仕事したくない人へのアドバイス

4.それでも仕事したくない人へのアドバイス

これまで仕事したくない状態を克服するための対処法をお伝えしました。それでも、もう仕事をやめるしかないかなと感じることもあるでしょう。そこで、ここでは、仕事したくなくて、仕事をやめたくて仕方がないときに考えてほしいこと、注意点などをお伝えします。

4-1.いま仕事をやめたとしてなにができるか?

理想は、やりたいことをしていて、便宜上、それを仕事と呼んでいる状態なのかもしれませんね。とはいえ、お金のために働かねばならないと考えていることが多いのも事実でしょう。

いずれにせよ、あなたの将来の目標をまずは明確にしてみてはいかがでしょうか? そして、その目標から逆算して、それを実現するために、今しておくはずのことをしてみてはいかがでしょうか?

その選択肢として、仕事をやめるのが最適であるならば、やめたらいいと思います。しかし、仕事を続けることが最適であるにも関わらず、いまが辛いからといってやめてしまうのは、もったいないです。

仕事したくはないけれど、やめたくはないと思っているのであれば、もしかすると、実現できないと可能性を自分で制限しているのかもしれません。

そもそもやりたいことがわからないのであれば、ずっとそのことが頭の中にあって、あなたの思考や行動の精度を下げてしまいます。ぜひこちらの記事を読んで、クリアにしておいてください。

やりたいことがないと悩んだときのカンタンな突破方法5つのイメージ画像やりたいことがないと悩んだときのカンタンな突破方法5つ
今はやりたいことがないけれど、なにかしないといけないなあ…と思っている今の仕事はつまらない、本当にやりたいことをしながらお金を稼ぎたいなあ今の仕事は自分に合っていないような気がする、もっと他に適した仕事があると思うんだけど…自分の才能を充分に生かし...

4-2.やりたいことがあるなら副業からはじめる

やりたいことがあるからといって、いきなり会社を辞めるのは、お金のこともそうですが、まわりの人たちのことも考えると、あまりオススメはしません。

わたしの知人は奥様にはナイショにして起業の準備を進めていました。そして、会社を辞めて、いきなり本業としてはじめることを奥様に伝えたとき、奥様はとてもショックを受けられたそうです。

家族のことはどうするのか、将来続けていけるのかと責められ、仕事をしている奥様自身にも影響がおよぶことから、猛反対をされたそうです。奥様から理解してもらうために使った労力は想像を絶するほどだったと話していました。

自分に合っていないとわかってから、元に戻そうと思ってもかなりたいへんです。まずは、副業でためしつつ、本業より副業で稼げるようになったり、自分に合っているなとわかったりしてから、起業をスタートするようにしましょう。

4-3.感情にまかせて行動はしない

4-3.感情にまかせて行動はしない

今、苦しい思いをしているあなたにはピンと来ないかもしれませんが、まずは今いる場所で、できることを精一杯してみましょう。わたしも今だからこそわかるのですが、続けていくことで新しい道が広がることもあるのです。その努力は、かならず今後のあなたのキャリアにつながります。

当時、勤めていた職場の人間関係に嫌気がさして、会社を辞めて、ある資格取得を目指した友人がいます。その後、その資格を持っていろいろな会社の面接を受けたのですが、相手にされず、ついには体調を崩してしまいました。

現在は、家族の支えで回復し、以前勤めていた会社に戻ることができました。友人の実力を買っていた元上司から、仕事を与えてもらうこともでき、今はしあわせに暮らしていますと連絡をもらったので、ホッとしたのを覚えています。

このように、感情に任せて動いてしまうと、うまくいきません。目的から逆算して、今できることをはじめましょう。

ただし、労働基準法が適用されていないような会社では、病気になってしまいます。その場合は、一刻も早く辞めましょう。

5.仕事したくないならしなくてもいい?

そもそも、なぜ仕事をしなければならないのでしょうか? 仕事をしたくないのならしなくてもいい、という考えもあるはずです。でも、それはできない、おそらく、人それぞれいろいろ理由があることでしょう。

けれども、どの考えにせよ、選んでいるのは自分だということにまずは気づいてみてください。もし、それが腑に落ちれば、だからこそ、自分自身で現状を変えられるということにも気づけるのではないでしょうか?

そのために、今回お伝えした対処法を、できることからでいいので、ためしてみてください。

仕事したくないという気持ちは、いまのあなたの正直な気持ちです。まずは、それを受け入れましょう。自分のどんな気持ちも素直に認めるという自己肯定感は、仕事したくないというあなたの状態も変えていきます。ぜひこちらの記事も読んで、あなたの悩みを解消してくださいね。

自己肯定感を高めるには|自己改善法~子供や部下の教育まで自己肯定感を高めるには|自己改善法~子供や部下の教育まで
あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか? 自己肯定感が高い方が「より成功しやすい」「幸せを感じやすい」といった話を。ここでは、さまざまな経験を通して少しずつ自己肯定感高めてきた著者自身の経験もふまえて、自己肯定感があなたにあたえる影響からそ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加