神田昌典氏を全力で解説!本の内容からセミナーの評判まで

神田昌典氏を全力で解説!本の内容からセミナーの評判まで

あなたは経営コンサルタントの神田昌典(かんだ・まさのり)氏をご存じでしょうか? 「神田昌典のアドバイスどおりにビジネスをすれば、売上が上がる!」と、2000年頃には経営者の間でカルト的な人気を誇りました。それを裏付けるかのように、のべ2万人におよぶ経営者をクライアントをかかえる、まさに、カリスマ経営コンサルタントでした。

ですが、その後、神田昌典氏は迷走したと言われています。スピリチュアルや占い、読書術、英語の学習法、ノート術など、色々な分野の本を書き、なにの専門家なのか分からなくなってしまいました。

ここでは、神田昌典氏の本はもちろん、セミナーやCD、DVDなどに多くのお金を払ってきた私が、神田昌典氏の実情をご紹介します。「神田昌典氏ってどんな人?」とか、「神田昌典氏のあのウワサって本当?」というような色々な疑問にお答えしましょう。

目次 〜神田昌典氏を解説|本の内容からセミナーの評判まで〜

1.神田昌典とは?

2.神田昌典氏から学んで役に立つの?

3.神田昌典氏の評判

4.神田昌典氏に関するよくある質問 5つ

5.神田昌典氏は学び方次第

1.神田昌典とは?

神田昌典氏とは、一言で言えば経営コンサルタントです。作家としても活躍中。1998年に『小予算で優良顧客をつかむ方法』というビジネス書を出して以降、著書は累計200万部以上です。

特に2000年頃は、経営者にカルト的な人気があり、参加費1回何十万円という高額セミナーにも経営者が殺到していました。

私もコンサルタントですが、コンサルタントになろうと思ったのも当時の神田昌典氏の影響が大きいです。それほどまでに、時代の寵児と呼ばれる存在だったのです。

1-1.氏のメディア一覧:Facebook、ツイッター、メルマガなど

神田昌典氏はマーケティングがうまく、色々なメディアで情報発信をしています。氏のメディアをまとめてみました。

神田昌典 公式サイト

神田昌典 Facebookページ

神田昌典 メルマガ

神田昌典 Amazon著者ページ

神田昌典[秘書室] ツイッター

※最新情報が得られるのはFacebook、有料セミナーなどの案内が受けられるのはメルマガのようです。神田昌典氏をフォローしたい場合、その2つをおさえましょう。

2.神田昌典氏から学んで役に立つの?

神田昌典氏から学んで役に立つの?

この章では、神田昌典氏のいろいろな本やセミナーにお金を投資してきた私の意見をご紹介しましょう。どういう人が学べばいいのか、そして何を学べばいいのか、それが分かると思います。

2-1.神田昌典氏から学んだ方がいい人

まず、経営者は、神田氏から学んだ方がいいでしょう。とくに2000年前後に発表したマーケティング理論や経営理論などは、ぜひ読んでいただきたい。

そして、もっとも学んだ方がいいのは、経営コンサルタントの方でしょう。氏は独立系のコンサルタントとして、初年度から年商1億円を突破しています。とくに絶頂期は年商3億円、利益率82%を週休3日、社員数1人だけで達成したと言っていました。つまり1人で2億円以上の利益を出していますので、良い研究材料になると思います。

一方で、スピリチュアルの理論や、英語学習の理論などは、神田昌典氏から読まなくてもいいでしょう。何も神田昌典氏から学ばなくても、他の専門家から学べばいいからです。

ただ、ナレッジワーカーとよばれる、頭を使って仕事をする人は、神田昌典氏が日本に広めた「フォトリーディング」や「マインドマップ」などの知的生産術を学んでみてもいいでしょう。

マーケティング理論や経営理論ほどの劇的な売上アップは期待できないでしょうが、悪くはないと思います。

フォトリーディングについては下記の記事で詳しく解説しています。本の1ページが1秒で読めると言われるフォトリーディングですが、そのトレーニングの必要性や実際の効果についてお伝えしてます。速読ができるようになりたい方は必読です。

フォトリーディングとは?実践者やNASAが速読効果を検証
フォトリーディングとは、アメリカで開発された読書のやり方のひとつ。あなたも速読に興味があるなら、耳にしたことがあるでしょう。とはいえ、「本当に学習効果があるの?」とか、「1ページ1秒で読めるって…本当?」と、疑問をお持ちかもしれませんね。この記事では...

2-2.神田昌典氏から学ばない方がいい人

逆に、神田昌典氏から学ばない方がいいのは、自己啓発の本やセミナーが好きでたまらないという「自己啓発オタク」のような人です。

氏も、自己啓発本を何冊か書いています。ただ、それらは、既にビジネスをしている人には有益ですが、なんとなく「人生を変えたいなあ」と感じているような人にとっては効果が薄いでしょう。

神田昌典氏の自己啓発本は、その前提として、すでにビジネスをしている人向けだからです。

なお、どうしても自己啓発の本が好きという人には、こちらの記事をオススメします。ほとんどの自己啓発本が役に立たない理由を、私がくわしく書きました。

自己啓発本が役に立たない本当の理由|正しく血肉にする方法
自己啓発本と聞くと、その印象は2つにわかれるようです。10〜20代の若い方は、自己啓発本に対して、「やる気を出してくれて、元気にしてくれる本!」という印象があるようです。一方で、30代以降の方は、「たしかに良いことは書いてあるんだけど、実際のビジネスの...

3.神田昌典氏の評判

神田昌典氏の評判

神田昌典氏は、本や高額セミナー(動画)などでお金を稼いでいます。また、本田直之さん、岡田斗司夫さん、本城武則さん、本田健さんなどの有名人と対談をして、CDで販売しています。

それらの評判や内容、感想をこの章ではご紹介します。

3-1.本(『成功者の告白』など)の内容と感想

神田昌典氏は、数多くのビジネス書を大ヒットさせたベストセラー著者です。

本の内容は、出版時期によって大きく変わります(この章で紹介している本はいずれもおすすめです)。

1998年〜2003年頃までの代表作は、『あなたの会社が90日で儲かる!』や『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』、『非常識な成功法則』など。内容は、「いかにして年商を上げるのか?」とか「いかにして成功するのか?」についてです。

2004年〜2007年頃までの代表作は、『成功者の告白』、『人生の旋律』など。この頃の著作の内容は、「売上が上がっても、成功しても、良いことだけではないんだよ」と説いている自己啓発本が多いこと。この頃、神田昌典氏は、ビジネスパートナーを失うなどして、成功の負の側面に気づいたのでしょう。

2008年〜最近までの代表作は、『全脳思考』や、『ザ・マインドマップ(翻訳本)』、『ストーリー思考』など。普通のマーケティング・コンサルタントにはできないような「イメージやストーリーを使って売上を上げる方法」などを解説しています。一時期はマーケティングの本を書かなくなりましたが、またマーケティングの本を書きつつある印象です。

なお、『あなたの会社が90日で儲かる!』については、こちらの記事の第4章でも解説していますので、ぜひご一読ください。

プロモーションとは何か?意味や事例をコンサルタントが説明
マーケティングをかじったことがある人だと「プロモーション」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。ですが、単にプロモーションと言われても、意味がよく分かりませんよね? 「プロモーションとは、いったい何?」とか「マーケティングと、プロモーション...

3-2.高額セミナー(動画)の内容と感想

神田昌典氏のセミナーはいずれも高額なものが多いです。セミナーのテーマは、本と基本的に同じです。

神田昌典氏は、自分でも認めていますが、バイブル商法をしています。つまり、本を出したら、それと同じタイミングで高額セミナーやDVD教材、CD教材を販売しているのです(ちなみに、神田昌典氏のデビュー当時はDVDとCDではなく、ビデオテープとカセットテープでした)。

ですから、セミナーやDVD教材、CD教材の内容が知りたければ、同時期の本を読んでみてください。基本的に、同じような内容になっていますので。

つまり、1998年〜2003年頃に販売していたセミナーや教材は、売上や収入を上げることに特化した具体的な内容。2004年〜2007年頃に販売していたセミナーや教材は、どちらかというと人生観や死生観について。2008年〜最近のセミナーや教材は、やや抽象的なマーケティングの話が多いです。

私のおすすめとしては、マーケティング関連の教材を「販売した順」に買っていくことです。ビジネスの初心者や中級者が、最近のセミナーや教材に申し込んでも、話が抽象的すぎて、ついていけないと思います。古い順に買っていけば、神田昌典氏がビジネスのステージを上げていったのに合わせて、あなたもビジネスのステージを上げていけるはずです。

3-3.有名人との対談CDの内容と感想

前述したとおり、神田昌典氏は、色々な有名人と対談をしています。元ソニー会長の出井伸之氏、評論家の岡田斗司夫氏、脳科学者の茂木健一郎氏……そうそうたる顔ぶれです。

それで、肝心の、神田昌典氏との対談を収録したCD教材の内容と感想ですが……私はあまりオススメしません。その理由は、対談時間が90分くらいしかないからです。

90分の対談を書き起こして、本にするとしたら、40ページくらいの量になります。普通のビジネス書が300ページ前後で1500円くらいで売られていることを考えると、かなりボリュームが少ないうえに、値段が高い。

もし、神田昌典氏が対談している相手に興味があるなら、その対談相手の本を買って読んだ方が、安くて、ボリュームも多いでしょう。ですので、まずは対談相手の本を読むことをおすすめします。それでもなお、「対談相手のことを知りたい!」という場合には、ぜひ神田昌典氏との対談音声を買って聞いてみてください。

質は良いのですが、ボリュームが少ないので、対談相手のことを知るための入り口にするのはおすすめしません。

4.神田昌典氏に関するよくある質問 5つ

神田昌典氏に関するよくある質問 5つ

この章では、神田昌典氏に関するよくある質問に、私がお答えします。

私は、氏のセミナーに10年以上前から参加しています。本も処女作から読んでいます。神田昌典氏のセミナーなどに、かなりのお金を投資している人間です(もちろん、元は取っています)。

ただ、だからと言って、極端に肯定的にならないように、なるべく中立な立場で質問にお答えします。

4-1.コピーライティングの「PASONAの法則」って?

神田昌典氏のひとつの大きな功績として、DRMというアメリカ流のマーケティングを日本に広めたことがあります。その中でも、特筆すべきは、コピーライティングの技術を広めたことです。

※DRM、コピーライティングについてくわしく知らないという場合はこちらの記事をどうぞ。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を徹底解説!
ダイレクトレスポンスマーケティングとは、誤解を恐れずに言えば通信販売のことです。そして、ダイレクトレスポンスマーケティングは、個人でビジネスを行っている人や、年商10億円未満の小さな会社には必須のマーケティングテクニック。実際に私は、ダイレクトレス...
コピーライティングとは? 基礎から学ぶ方法をプロが伝授!
あなたは、「売り上げをあげるためには、コピーライティングが大切って聞くけど、本当なのかな?」とか「結局、コピーライティングってなんなのだろう?」と疑問に思い、このページを開いたかもしれません。あるいは、周りの人から「えっ、コピーライティングを知ら...

神田昌典氏は、「PASONAの法則」という、独自のコピーライティングの法則を開発しました。その法則は、「2割の努力で8割の結果を生み出す」という35000円のコピーライティング教材の中でまとめられています。

スペースの関係で、この内容を全てご紹介することはできませんので、くわしくは『禁断のセールスコピーライティング』を読んでみてください。

前述した35000円の教材の中でしか説明されていなかった、「PASONAの法則」が、たかだか2000円弱の本にまとめられています。ダイレクトメール向けのコピーライティングを学びたい人は必読です。

4-2.『非常識な成功法則』で、本当に年収は上がるの?

初期の本の代表作で、『非常識な成功法則』という本があります。神田昌典氏いわく、「この本は、私が一番書きたくなかった本。」とのこと。なぜかというと、バイブル商法だからです。

『非常識な成功法則』では8つの習慣が説明されていますが、なぜ、8つかわかりますか? この8つの習慣は、神田昌典氏のセミナーや教材に関連づいたものだったのです。

たとえば、この本の、「第四の習慣」では、「テープを聞いて学習することが大事」ということが説かれています。なぜか? それは、神田昌典氏が学習用の対談テープを当時販売していたらです。

要は、この本を買った人は、テープ学習の良さを教育されて、神田昌典氏からテープを購入するというしくみになっているのです(苦笑)。

では、この『非常識な成功法則』は役にたたないか? 答えはノーです。神田昌典氏もインタビューで言っていますが、この本の『第一の習慣』に書いてある、「やりたくないことを書き出して、好きなことを見つける」という作業がとても重要なのです。

神田昌典氏は、『非常識な成功法則』の出版社であるフォレスト出版のインタビューで、『第一の習慣』について、こう答えています。

(『非常識な成功法則』は、)「あの通りやったら成功しました」って言う人がすごく多かった。これは単純にビジネス界だけではなく、芸能界、スポーツ選手、アーティストも含めて。正直、理由はまだ解明できていません。

要するに、「嫌いなこと・やりたくないことを書き出して、好きなことを見つける」ということですが、それを実践して成功しましたという人が非常に多い。

フォレスト出版 公式ブログ」より引用

この本の内容を全てを、鵜呑みにする必要はありません。ですが、少なくとも、「やりたくないことを書き出して、好きなことを見つける」という作業はあなたもやってみて欲しいな、と思っています。

4-3.英語習得法『英語の近道』は役に立つのか?

神田昌典氏は『英語の近道』という英語学習の本も出しています。この本は、本当に英語の近道なのか? いいえ、近道ではありません(笑)。しかし、ビジネス英語の近道だとは思います。

この本を要約すると、「英語の日常会話はあきらめて、ビジネス英会話だけにしぼってしまえば、パターンが少ないのですぐに覚えられる」ということ。それ以上でも、それ以下でもありません。

つまり、ビジネスに必要な英会話を、どうしたら最速で身に付けるのか、ということに特化した本です。実際に私もこの本を読んで、アメリカ人やイギリス人、中国人、インド人などの外国人と英語でビジネスをすることができるようになりました。

英語を使ったビジネスをすることが、すでに決まっている人にはおすすめします。が、決まっていない人は、まだ読まなくてもいいと思います。

4-4.「春夏秋冬」説って本当? ひょっとして宗教?

神田昌典氏は、占い師の來夢(らいむ)さんという方と一緒に「春夏秋冬」説という理論を発表しました。『らせんの法則で人生を成功に導く 春夏秋冬理論』というタイトルの本です。

この理論は、インターネットでもトンデモという評価がありますが、私はそうは思いません。なぜかというと、六星占術や算命学などの占いでは、この本の理論は当たり前だからです。

たしかに、マーケティングの理論として、「春夏秋冬」説を見るとトンデモ理論です。ですが、占いの本として見たら、ごく普通と言えるでしょう。

占いを信じている人は読めばいいと思いますし、信じていないのであれば読む必要はない、ただそれだけです。占いが当たるか当たらないか、占いを信じるか信じないかという話は、また別の議論になるので、ここでは避けたいと思います。

4-5.氏の提唱する2015年の地震説は真実か?

神田昌典氏は、2015年頃に地震のような災厄が起こるのではないかと予測しています。私はこれについては、笑い飛ばせばいいと思っています(笑)。

なぜなら、科学的な実験や研究にもとづいて、地震が来ると言っているわけではないからです。

「危険な未来を予測して、不安をあおる」というのは、人の注意を引く、カンタンな方法ですよね。ノストラダムスの大予言や、マヤの終末説もそうです。当たらなくても、人の注意さえ引ければ物が売れる、というわけです。

今となっては、2015年頃の「地震のような災厄」が何を指していたかはわかりません。

5.神田昌典氏は学び方次第

ここまで色々な視点で神田昌典氏について説明してきました。ここまでお読みいただければ、それなりにクセがある方だと分かると思います。

氏の言っていることを鵜呑みにするのではなく、「何が、自分の人生で得たい結果なのか?」と考えて、それに合う本やセミナー教材を学ぶようにしてみてください。

繰り返しになりますが、私のおすすめは、神田昌典氏のマーケティングについての本だけを古い順に読んでいくことです。そこをおさえれば、売上アップに役立つと思います。

また、コピーライティングを教えていたコンサルタントだけあって、文章がとてもうまいので、高額なセミナーや教材を買いたくなってしまうと思いますが、それは気をつけてくださいね。

あなたが、神田昌典氏の教えている内容をうまく使って、業績を上げることを祈っています。

ご参考:神田昌典氏が何冊もの翻訳や監修にたずさわった、ダン・ケネディというマーケティング・コンサルタントはご存知でしょうか? このブログでは彼についても解説していますので、ぜひ併せてお読みください。神田昌典氏のマーケティングのルーツを学ぶことができます。

ダン・ケネディとは? 彼の方法は日本でも通用するのか解説
マーケティング・コンサルタントのダン・ケネディ。マーケティングを勉強している人なら一度は耳にする人物でしょう。ただ、「ダン・ケネディの方法って日本でも通用するの?」とか「ダン・ケネディって、なんか怪しい」と思っている人も多いようです。そこでこの記...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加